タカダイオンと好転反応

コメント(1) (0)

1226reaction3.jpg

 

 

体が健康な状態へ戻り始めるサインとして、一時的に悪化したかのようになることがあります。

これを好転反応と呼びます。

筆者は、治るためのショートカットが始まったサインだと見ています。

 

   

1226reaction.jpg

 

 

タカダイオンは2017年のカミサンの誕生日に購入。

一年間使い続けても好転反応らしきものは、起こりませんでした。

タカダイオンは就寝中常に動作させ、二人で付属の金属板とゴムの導子を一つずつ、銀布の枕カバーの下に入れた状態でした。

  

ですが2018年7月から使い始めた、タカダイオンパワーアップキットDRTロボットという組み合わせで、11月中旬に好転反応らしきものが起こりました。

使用頻度は、一日平均だと10分セットを3回ほどで、ほぼ毎日このペースでした。

 

 

1122effect.jpg

カミサンの背中の少し下の方にできました。

最初はとても痒くなって、そのあと凄く痛かったといいます。

白っぽいのは軟膏を塗っているためですが、効果はありませんでした。

    

この状態は2週間ほど続いたあと、このブツブツの先端はもの凄く堅くなり、乾燥し始め、あっという間になくなりました。

こうした皮膚への反応以外の症状としては、下痢気味になり、食欲もなくなりました。

  

カミサンは不安になり病院へ行こうかと考えたようですが、好転反応だからと説得。

血液検査を始めとして、数種類のの検査をしなければ原因は分からないはずです。

 

病院へ行っても、塗り薬をくれるだけでしょう。

      

この反応が起こったのは、タカダイオン+パワーアップキット+DRTロボットの組み合わせで、使い始めてから4ヶ月半ほどの時点です。

この好転反応で、何が良くなったのかは、残念ながら結局分からないままです。

    

ですが、タカダイオン+パワーアップキット+DRTロボットの組み合わせが原因だったことは確かです。

カミサン自身は、このイベントが起こったあとも、積極的にタカダイオン+パワーアップキットDRTロボットの組み合わせ、ユラユラされています。 

   

体の中で、何かはわかりませんが、良いことが起こっていることは間違いないと思います。

 

参考になれば、幸いです。   

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

こんばんは。

私の主人も数年前から身体のアチコチに吹き出物が出ています。
もともとアトピー体質ではありましたが、波動治療器(AWG、ライフデジタル)を使い始める前の出来物とはちょっと違う様です。

痒かったり、痛かったり、痛痒かったりする出来物が
一つ治るとまた別なところへ・・・と出現します。

肝臓や腎臓で処理できなかったものは皮膚から出てくる、というのを昔聞いたことが有ったので(長年体内に溜まっていた物が出てきているのかしら?)と思っています。

肝臓の数値も良くなってきているので体の中で何かが変わってきているのでしょうね。

コメントする

2018年12月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年12月

月別アーカイブ