ライフ治療器とスイープモード

コメント(1) (0)

pulsesweap.jpg

 

最近買いました。MODE Pulse Sweepはどの ようにしたら 選択できますか 教えてください。

お願いします。

 

パルススイープ・モードとは?

 

パルススイープモードは、周波数コードの中の一つの周波数を1秒ずつオン、オフ(脈動)させ、波形を集中させ、より深い部分に到達させるモードです。

  

 

コンバージスィープ

 

一つは、周波数が 999.99 から  降順 0.001 hzに向かいます。

もう一方で    0.001から    昇順 999.99 hzに向かいます。

同時に二つの周波数が体験できるますが人によっては、効果が高いため体に強く、負担が大きくなることがあります。

  

 

優れたスイープ

利用可能な全ての周波数がユーザに出力されるので、ユーザは異なったタイプの電気療法を経験することができます。

それは、特定の周波数が素早い結果をもたらさない場合に役立ちます。

ライフデジタル治療器操作方法 - ダイアモンドライフ神戸

こちらに設定方法があります。

 

 

ライフデジタル治療器操作方法 | ダイアモンドライフ神戸

希望するグループを選択したらEnterを押します。

スイープに矢印がついている状態で表示されるはずです。

スイープに矢印がついている状態でIncrease ボタンを押すと、パルススイープモードになります。

Enterを押します。

右下に「遊び」と表示されたら動作します。

 

マニュアルでは、スイープが推奨されているので、スイープが基本です。

sweap.jpg

筆者はパルススイープを使っています。

カラダは、刺激に対してだんだんと慣れてくる性質があるため、一つの周波数コードだけをずっと送波し続けるよりも、たまに別の類似の周波数コードをランダムに実行する方が、効果が高く感じられることがあります。

 

ライフ治療器は、アメリカ陸軍で使われています。

そのため、周波数の組み合わせは、アメリカ的な考え方で決められています。

 

電磁波対策がなされていないので、気になる方は、アルミホイルや電磁波遮蔽エプロンで包むといいでしょう。

基本的には両手両足に、付属してるストラップを装着して使用します。

 

lifedigital13.jpg

lifedigital11.jpg

この金属部分を皮膚と接触させて使うのですが、長時間使っていると、低温やけどのようになって、痒くなってくることがあります。

  

そのためALS進行押戻作戦343日目 では、銀布を使っています。

  

  

ALS進行押戻作戦343日目   | ダイアモンドライフ神戸

 

  

銀布を使うと、機器と皮膚との接触面積が増えると、皮膚の単位面積当たりへの負担が減ります。

銀布を使うためには、接続コードの先をワニ口クリップに変更する必要がありますが、ホームセンターでワニ口クリップを購入して、半田付けして作りました。 

 

銀布はこちらから購入することができます。

ハンカチ状あるいは短冊状をそのまま、あるいは裁断して使います。

   

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

わかりやすい説明ですね。非常に参考になりました。
うまくいきました。 プログラムセットもできました。ありがとうございます。

コメントする

2018年12月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年12月

月別アーカイブ