2018年12月15日 のCoolに過ごそう

米は食べるな!

コメント(4) (0)

1215rice.jpg

   

12月もすでに15日。

この調子だと、あっという間に年末になりそうです。

  

今年は昨日で一応仕事納め。

そして明日の日曜、娘と孫2人が帰省のため神戸へ。

   

というわけで、専属運転手?!(笑)として関空までピックアップに行く予定。

そしてクリスマスから年末にかけて、いろいろなものを食べるわけです。

  

ですが気をつけないと、うっかり食べてしまうとよろしくないものが、あまりにも多いのが現実です。

その筆頭が糖質を含む食べ物。

   

というわけで今日は、炭水化物はダメですよ、というテーマです。

   

  

1215carbo02.gif

 

生物学教授の Dr. Thomas Seyfried氏 はガンを制圧し、抗ガン剤に変わる治療になりうると明言されている。

  

Interview with Thomas N. Seyfried on Cancer as a Metabolic Disease

この動画では、ガンはメタボが原因だと述べられている。

 

Thomas Seyfried: Cancer: A Metabolic Disease With Metabolic Solutions

 

ガンの飼はグルコースであり、ガン細胞はグルコースによって成長し増大してゆきます。

もしケトン体エネルギーになったら、グルコースもインスリンもなく、がん細胞が成長するための燃料燃料を与えることができなくなるのです。

 

私のブログでも2015年に、ケトン体があなたを救うというコラムで書いています。

  

糖質制限でなぜスタミナがつくのか?でも書いていますが、1日で摂取しても良い糖質量の目安は

体重(kg)×1g つまり体重60kgの方であれば、1日の糖質摂取量の目安は60g。

 

つまり私が実践している、スーパー糖質制限で、一回の食事の糖質量を20g以下に抑えるという方法で可能になります。

  

しかもこの事実は、80年前にすでにドイツの生理学者オットー・ヴァールブルクにより観察され、知られた事実なのです。

そして彼は1931年にノーベル賞を受けています。

 

つまりほとんどのガンの原因は炭水化物や糖によるものなのです。

  

 

1215carbo01.gif

 

つまり糖質を制限し、ケトン体質にすることで、ガンを予防することはもちろん、ガンになった後もガンを克服することが可能なのです。

もちろんガン以外のその他の疾病にも言えることです。

  

ガンは生活習慣病と言われてきましたが、正確にはほとんどの病気が「糖」によるものです。

 

農耕が始まる前は、人の摂取する炭水化物・糖の比率はたったの5%でした。

それが今では10倍の50%に代わっています。

 

このようにして農耕文化が始まって以後、人は多くの病に苦しむようになったのです。

現代の炭水化物・糖質型の食事は間違っているのです。

   

人間に相応しくない、本来あるべきでない食事なのは明らかです。

   

習慣の虫干しで書いているように、我々は「ご飯」を食べることが当たり前のようになり、半ば習慣化しています。

1年間1千回以上口に入れるものを選ぶことで、ガンは予防できるのです。

  

ですが、ガン治療のため病院に入院すると、食事に「ご飯」は必ずついてきます。

ご飯は、ガンを大きくして、増殖させるエサなのにです。

  

これを、おかしいと思わないのは何故でしょう?

  

炭水化物の摂取が習慣化しすると脳内は「霧」がかかった状態になります。

するとどうなるか?

  

自分の頭で考えることができなくなってしまうのです。

普段行っている習慣が、すべて当然のことで、当たり前のことだと思い込んでしまうことになります。

    

人々は膨大な量の炭水化物を食べています。

さらに悪いことに、最近の穀物は、人体にさらにダメージを与えるような遺伝子組み換えが行なわれているのです。

   

  

「遺伝子組換えでない」の嘘

 

さらに「米」が今危ないで触れていますが、多くの人が日常的に食べているお米は、品種改良されたものが大半です。

しかも遺伝子操作・組替え技術について、長期間にわたる人体への安全性は、現段階では実証されていません。

      

農業遺伝子工学を研究する科学者たちの研究によると、遺伝子組み換え食品は、自然界に存在するものとは構造的に異なるという報告がなされています。

  

もし冷蔵庫に次にあげる物が入っていたら、成分表を見てください。

コーラ、発酵乳酸飲料、フルーツジュース、清涼飲料、ポン酢などの調味料、ドレッシング、パン、アイスクリームケーキ、缶詰、漬物、スポーツドリンク、酒類、チューインガム、ジャム、佃煮、練製品、粉末製品など。
 

必ず「ぶどう糖果糖液糖」又は「果糖ぶどう糖液糖」なる文字が目に付くはずです。

この2つを総称したものが異性化糖なのです。

 

異性加糖は約30年前に開発され、今では多くの飲食品に使われています。

その消費量は、醤油の消費量とほぼ同じ年間100万トン以上。

 

大雑把にいうと、国民一人当り毎年10Kgの異性化糖を採っていることになります。

 

表示されない遺伝子組み換え食品が存在するのは、ある理由があります

  

組み換えDNA、およびそれによって生成したたんぱく質が残らないものには表示義務がありません。

遺伝子組み換えの餌を食べて育った家畜の肉や卵・牛乳・乳製品などの畜産品や、油、醤油、液糖、水飴、コーンフレークなどには表示義務がないのです。

 

さらに遺伝子組換え作物が混じってしまった場合でも5%以下であれば、「遺伝子組換えでない」と表示していいことになっているのです。

  

食べ物に関してのいわゆる都市伝説で、多くの人が思い込んでいることは、これだけではありません。

野菜は食べるな!です。

  

ご存知でしたか?

 

  

  

関連記事

 

糖質制限の効果をパワーアップする方法

転移した癌に抗がん剤は効かない

 

 

1208godCleaner00.jpg

  

7日(金)は時間がなかったので2回だけ。

  

1207godcleaner01.jpg

1207godcleaner01-2.jpg

13回目

  

1207godcleaner02.jpg

1207godcleaner02-2.jpg

14回目

 

8日(土)は午前中4回、午後4回の合計8回。

1208godCleaner01.jpg

1208godCleaner01-2.jpg

15回目

 

1208godCleaner02.jpg

1208godCleaner02-2.jpg

16回目

 

1208godCleaner03.jpg

1208godCleaner03-2.jpg

17回目

 

1208godCleaner04.jpg

1208godCleaner04-2.jpg

18回目

 

1208godCleaner05.jpg

1208godCleaner05-2.jpg

19回目

 

1208godCleaner06.jpg

1208godCleaner06-2.jpg

20回目

 

1208godCleaner07.jpg

1208godCleaner07-2.jpg

21回目

このあたりから白い筒の中にあるプレートの中の泡が少なくなっています。

 

1208godCleaner08.jpg

1208godCleaner08-2.jpg

22回目

よく観察すると白い筒の中にあるプレートからは細かい泡が吹き出しています。

それに浮遊物が付着することでデトックスされるようです。

  

  

カミサン

 

1208godCleanerWife01.jpg

1208godCleanerWife01-2.jpg

1回目 泡状の浮遊物が多い

 

1207godcleanerWife01-2.jpg

1207godcleanerWife01-3.jpg

2回目 カミサンの場合、どちらかというと泡状の浮遊物が多い

     

ゴッド・クリーナーのメーカーに訊ねると、泡状の浮遊物は、化学物質の疑いが強いということでした。

そういえば思い当たることがあります。

 

というのは、カミさんは明太子やたらこ、いくら、すじこ、などが好きで、よく食べているのです。

こうしたものは、見た目が黒っぽく変色するのを防ぐ目的で、亜硝酸Naが添加されています。

 

なのでオレは食べません。

カミサンには、その理由を説明してはあるので、カミサンは承知の上で食べているのですが・・

       

さらに明太子やたらこでは赤色102号、赤色106号、黄色5号などのタール色素が着色料として使われています。

これらは、いずれも化学構造や動物実験の結果から、発がん性の疑いが持たれているものです。

  

特に赤色106号は発がん性の疑いが強いため、外国ではほとんど使用を禁止されています。

さらに日本では、放射能の問題がありますからね。

   

オレのはどちらかというと黒い浮遊物が多く見られます。

メーカーに訊ねると、こうした浮遊物は、薬やサプリメントなどを常用している人に多く見られるといいます。

  

 

頻度

 

メーカーに訊ねると、ガンの人は一日2回程度を推奨しているとのことでした。 

筆者のように一日に8回とかやっても問題ないのかと訊ねると、好転反応さえ気にならなければ問題ないそうです。

  

ダルくなったり、眠くなったりする、いわゆる好転反応が強く出る人は、一日おきにとかの頻度に減らせばいいわけです。

  

 

変化

 

とにかく、新陳代謝がとても良くなっていることがわかるのという、今までに体験したことのない新鮮な感覚です。

デトックスの前には、デトキシを水に溶かしたアルカリ化ドリンクを飲んでいますが、デトックスをすると「おしっこ」に行きたくなります。

 

30分程度で、摂取した水分が尿として排出される、というイメージでしょうか。

それと我が家では夕食前に糖質ゼロのビールを飲んでいるのですが、何故かあまり酔いません。

  

だからいくらでも飲めるのですが、でも余り酔わないのです。

  

 

QuickMagicAll - 14(金)

コメント(0) (0)

QMALL Watch

757fc1865ae1d03ff28dc78cedcdeb4e6a72dd08.jpg

米国ナスダックマーケット QMALL 昨夜の成績は?

    

ボトムスキャン ・ マーケット開始2分後の表示

1214bs2.gif

ボトムスキャン無料ユーザー登録 で 1週間無料トライアル

基本メソッド カットロス幅の基準は▼150ドル前後

  

 

ロングサイド

 

 

qcom.gif

QCOM 1000株 +710ドル

プルバックは90ドル

 

 

avgo.gif

AVGO 200株 +80ドル

 

 

tlry.gif

WYNN 300株 +90ドル

3分足でのプルバックは240ドル

下は30秒チャート

tlry30.gif

3分足での手仕舞いだとロスは330ドル増加する

 

 

foxa.gif

FOXA 1000株 +190ドル

プルバックは20ドル

 

 

nxpi.gif

NXPI 500株 +500ドル

 

 

ショートサイド

 

 

pep.gif

PEP 500株 +760ドル

 

 

adbe.gif

ADBE 200株 +1240ドル

 

 

fang.gif

FANG 500株 +270ドル

プルバックは130ドル

 

 

cost.gif

COST 200株 +1700ドル

dxcm.gif

DXCM 300株 ▼200ドル

3分足でのプルバックは240ドル

下は30秒チャート

dxcm30.gif

3分足での手仕舞いだとロスは40ドル増加する 

  

       

QMALLは10銘柄へエントリー

ロングサイド +1560ドル

ショートサイド +3770ドル  

合計 +5330ドル

すべて3分足での手仕舞いだとロスは370ドル増加する  

  

ボトムスキャンのゲインの 約96% のパフォーマンス。    

   

ボトムスキャンのパフォーマンスは +5530ドル。

 

ロングサイド5勝

ショートサイド4勝

今週はいまいちの成績だったのだが・・

今週の最終日に大爆発!(笑)

 

というわけでトータルで久しぶりの5千ドルオーバー!

  

良い週末を!

  

  

2018年12月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年12月

月別アーカイブ