激うま乳酸菌豆乳ドリンクその2

コメント(0) (0)

隣の大阪市では、11月24日から瓦礫の試験焼却が始まり、オレ的警戒レベルを一段上げているわけだ。

今まで乳酸菌豆乳ヨーグルトは、私だけが食べていたのだが、家族全員に何とかして食べさせたい!

というわけで、家族全員に食べさせるため、ヨーグルトメーカーで出来あがったヨーグルトを、美味しくしよう作戦の第二弾。

 

20121128mixier.jpg

 

今日マイクロバブル風呂へ入浴中に閃いたのが、カミサンの出身地の青森から送られてきたリンゴ。

ウチの料理長でもあるカミサンに相談すると、リンゴはまず、ヒューロムスロージューサーでジュースにした方がいいという。

 そりゃあ口当たりは良くなるだろうけど、面倒だし、第一リンゴは皮ごとの方がいいわけだしね。

 

ということで、ネガティブな反応は無視して、まずは試作をすることにした。

何事もやってみないとね。

 

乳酸菌豆乳ヨーグルトの分量は一人分なので、大匙てんこ山盛り3杯をミキサーに入れてみた。

そして大きめのリンゴを1個を、八分の一に切ったら、さらに半分・もう一度半分に切ってミキサーへ入れる。

ミキサーで混ぜると、かなりドロドロ。

 

リンゴ乳酸菌豆乳ヨーグルトスムージーの完成だ!

そしてソーダメーカーで作ったソーダ水との半分割りで飲んでみた。

  

乳酸菌豆乳ヨーグルトの酸味と、リンゴの酸味がブレンドして、これも非常にうまい!

ソーダの割合を減らせば味は濃くなり、増やすと少し薄めでさっぱりした味になる。

このあたりは、お好みでどうぞ。

 

というわけで、甘いバナナの乳酸菌豆乳ヨーグルトドリンクに飽きたら、リンゴをお勧めしたい。

多少口当たりがザラザラするけれど、こんなに身体にいい飲み物なのだから、贅沢を言ってはいけない。

これも乳酸菌豆乳ヨーグルトが入っているとはわからない味だ。

  

なんだこのドリンクは?

どうやって作るのだ?

と、余りのうまさで、またもや私に感謝したくなるはず。(笑)

      

  

乳酸菌豆乳ドリンクの効能・特徴

乳酸菌は、マクロファージ(白血球)を増やす。

増えたマクロファージは、ガン細胞をパクパク呑食する。

ガンにならずに生きられる!ということ。

免疫力は、体内のマクロファージの数で決まる。

マクロファージが増えると、感染症にかからずインフルエンザも恐くなくなるわけだ。

つまり、免疫力がアップする!

乳酸菌の密度が高い食品ほど、マクロファージが増える。

米とぎ汁乳酸菌は、乳酸菌の密度が低く、1cc当たり数百万個。

ところが米とぎ汁乳酸菌で豆乳ヨーグルトをつくると、1cc当たり数億個!

「内部被曝」による免疫不全と、癌という致命傷から人体を守る究極の方法は、マクロファージ(MP)を増やして免疫力を高めることが大事。

   

乳酸菌豆乳ヨーグルトに関するまとめ ・ 美味しいヨーグルト作り

 

しかし一人で飲むとなると、この分量ではちょっと量が多かった。

お陰で朝から腹一杯になってしまった。(笑)

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年12月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2012年12月

月別アーカイブ