スキャンツールは何がいいのか?

コメント(0) (0)

来年1月4日から、東京マーケットのいわゆる日本株では、手仕舞いすると購買力が戻り、なおかつ直前の損益も反映されることになる。

このルール変更に伴い、多くのご質問をいただいているが、まずはどのスキャンツールを使えばいいのか?

についてのご質問について。

一日だけの検証では何とも言えないのだが、まずは先週の12月25日のマーケットでチェックしてみよう。

 

以下はマーケット全体の動き。

122502.gif

 

   

◆トレード手法

フィボナッチの上下にある緑と赤の236ガイドラインを抜けたら、表示銘柄の指示に関係なく、越えた方向へエントリーというルール。

236ガイドラインとは、その銘柄の20日間平均の値幅を100%として、始値から上下に23.6%の位置を表示したもの。


◆◆9時5分の紹介銘柄

コード 銘柄名    株価
7270 富士重工業   1,078 買
8802 三菱地所    1,963 買
8830 住友不動産   2,734 買
8316 三井住友FG  3,085 買

 

3分足チャート

7270-1225.gif

富士重工業(7270) +8円 +6円

 

 

8802-1225.gif

三菱地所(8802) +7円

 

8830-3-1225.gif

住友不動産(8830) +6円 +18円

  

8316-1225.gif

三井住友FG(8316) 入ってもブレイクイーブン 

株価が5円刻みになると、途端に穫るのが難しくなる。

というか5ティック分がなかなか動かないのだ。

  

じゃあボトムスキャンだとどうなのか?        

1225BS5.gif 

 

緑は想定利益ゾーン

5分足

7733-1225.gif

オリンパス(7733) +20円  信用取引なら53万円の資金で+2万円

       

    

6857-1225.gif

アドバンテスト(6857) +4円 信用取引なら42万円の資金で+4千円

      

8830-1225.gif

住友不動産(8830)  信用取引なら91万円の資金で+1万4千円
 

       

5411-1225.gif  

JFE HD(5411) +8円  信用取引なら52万円の資金で+8千円
   

     

4452-1225.gif

花王(4452) +15円  信用取引なら75万円の資金で+1万5千円
 

   

3632-1225.gif

グリー(3632) +5円 信用取引なら46万円の資金で+5千円
 

   

9766-1225.gif

コナミ(9766)  信用取引なら66万円の資金で+2万円
 

   

4568-1225.gif

第一三共(4568) +3円  信用取引なら66万円の資金で+2万円


 

ボトムスキャンの場合、トータルで信用取引なら最大372万円の資金で+8万9千円

月収160万円コース 

日足ベースのスイングスキャンでの銘柄選択では+45円で+4万5千円

  

購買力が手仕舞いと共に戻るようになれば、ボトムスキャンの方が遙かに、利益を出すチャンスが増えることがわかる。

これが、たまたまこの日だけだったのか?

を検証するため、この連休を利用して連載で検証してみることにする。

乞うご期待!  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年12月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2012年12月

月別アーカイブ