火葬場大混雑で葬式10日待ち

コメント(0) (0)

葬式10日待ち!高齢社会で死亡増加 斎場不足・自宅安置で遺族ヘトヘト
http://www.j-cast.com/tv/2012/12/07157225.html?p=1

お葬式が出せない どうする葬送の場 (NHK)
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3283.html

 

松戸市斎場ドットコム
千葉県松戸市串崎新田にある市営の松戸市斎場の他、
首都圏各地の火葬場併設斎場がとても混み合っている。
ご逝去から実際のお通夜まで4、5日から6日程度待ちという状況
http://www.matsudoshisaijo.com/post-14.html

日本に遺体用のホテル誕生
http://japanese.ruvr.ru/2012_10_22/nihon-itai-you-no-hoteru-lastel/

福島原発事故後の葬式急増、火葬場混雑状態に関するツイートまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133439387261475101

 

高齢化など今に始まったことではないので、高齢化で亡くなる人が増えたとの説明は疑問だ。

本来は亡くなる人が少ないから、高齢化が進むのではなかったのか?

被曝の影響による突然死が激増しているのではないだろうか。

低線量被曝でも抵抗力が低下するわけだから、死亡者数が増えるのは当然のことだろう。

  

下水処理における放射能濃度等測定結果

東京都下水道局で汚泥処理を行っている各水再生センター、スラッジプラントの汚泥焼却灰及び混練灰に含まれる放射能濃度

各施設の敷地境界(東西南北)・敷地中央の空間放射線量等の測定結果

東京都下水道局の下水汚泥焼却灰から16800bq/kgを検出(10/5 東京都水道局)

  

これだけの高い放射線量が計測されているわけだから、水道水に影響がないわけがないのだ。

震災瓦礫を燃やすと、フィルターで捕捉できるのは60%という結果が出ている。

膨大な焼却処理を受け入れた東京都の震災瓦礫に含まれる放射能の40%は燃やした地域の環境へ放出されているのだ。

 

都内の水道水中の放射能調査結果は不検出のオンパレード。

検出限界はそれぞれが200ミリベクレルだから不検出になるのは当たり前。

 1ベクレル = 1000 ミリベクレル

ちなみに、アメリカの水道水の法令基準値は110ミリベクレル。

不検出だから安全と勘違いするような発表はやめるできではないだろうか? 

  

問題は測定していない放射線線種の方が遙かに多いという点だ

   

世界も驚く日本の基準値2000ベクレル

radiationlevel01.jpg

上下の図はクリックすると拡大できます・

radiationlevel02.jpg

2012年4月1日から日本の新基準値は、野菜、米、一般食品100ベクレル

乳児用食品、牛乳50ベクレル

飲料水10ベクレル(1万ミリベクレル)

アメリカの水道水の法令基準値は110ミリベクレル

 

外食産業では、すべて水道水を使って調理しているわけだ。

まさか全てミネラルWATERを使っているわけではないだろう。

目に見えない放射能の影響は毎日蓄積されていることを忘れてはならない。

乳酸菌豆乳ドリンクを飲むべし!

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年12月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2012年12月

月別アーカイブ