ランニングは体に悪い!?研究結果

コメント(0) (0)

WIREDに、ランニングは体に悪い!?研究結果という記事が掲載されている。

実際に寿命が延びることを享受できたのは、中程度の走行距離を走っていたグループだけ。

研究では、極端なトレーニングは、過度の「心臓の消耗と破壊」を引き起こしているように思われると、述べている。

 

30年にわたり5万2千600人を調べた結果だという。

心臓病専門医の間では、アスリートの持久力が心房細動のリスクを著しく高めることには、ほとんど議論の余地がないのだという。

おまけに、極端な身体トレーニングは、体をガンにかかりやすくする可能性があるというのだ。

  

私の運動は水泳だが、余りペースを上げず、少しだけ心拍数を上げ、深い呼吸を一定時間継続することを目的として泳いでいる。

長年のトレーニングで、激しい運動は続かないし、体感的にメリットがないと考えていたが、この記事を読んで、我が意を得たり。

という気分になれたわけだが、さてみなさんは、どうお考えだろうか?

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年12月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2012年12月

月別アーカイブ