12月折返点通過

コメント(0) (0)

今年は体感的に慌ただしくなく、比較的ゆっくりと時間が経過しているように感じる。

周りに振回されたり、スケジュールに追われる毎日を過ごしていると、まさにあっという間。

このように時間の過ぎてゆく体感速度は、意外にも自分の軌道修正に役立つことが多い。

軌道修正と言えば、今日は「日本の進む軌道」に大きな影響を与える第46回衆議院議員総選挙の投票日だ。

だが私の住んでいる兵庫1区には投票したい党の立候補者がいないという状態。

誰か立候補してくれよなあ・・(笑)

  

候補者として立候補できるのは、投票日の時点で満25歳以上の人。

英国・ドイツ・オーストラリアなどでは18歳から立候補できるのだ。

フランスは去年、23歳から18歳に法律が変わった。

「もっと若者が政治に参加してほしい」ということなのだろう。

米国は日本と同じ。

   

ただし満25歳以上は衆院議員の場合。

参院議員と都道府県の知事は満30歳。

県や市町村の議員は満25歳というように一律ではないのだ。

  

ただし立候補の届出前に「供託金」が必要。

小選挙区では300万円、比例代表だけの人は600万円を国に預けなければならない。

小選挙区の場合、有効投票数の1割を投票してもらえれば、この供託金は返してもらえることになっている。

 

ことしは間に合わないが、さて来年は立候補するかな? < ウソ(笑)

今日は夕方から選挙結果を巡ってメディアは大騒ぎモードへと突入だな。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年12月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2012年12月

月別アーカイブ