こういうときのスポット修復ブラシツール

コメント(0) (0)

花菜(はなな)の写真で消したいものがあった。

フォトショップCS6を使うと、写ってしまっている対象物を、消したいけれど、どうかなあ・・というモノでも消えるんだよねえ。

改めてその威力に感謝。(笑)

hanana01-org.jpg

左端に見えている自転車のホイールが邪魔。

撮るときの構図をどうやろうと、外すことができない位置に止めてあるからね。

こういうときはやはり消すしかないわけです。

hanana01-orgB.jpg

これくらいの大きさに拡大して消すわけです。

下は消去後。

hanana01.jpg

この2枚目の写真はちょっと大変でした。

hanana02-org.jpg

これは3カ所を消去。

問題は左側にある自転車。

大きくなると難易度が上がるわけです。

hanana02-orgB.jpg

この大きさ位で消すわけです。

こうして見ると、消えるのか?と不安になりますけどね。

hanana02-orgB2.jpg

これはまだ塗っている最中なので塗り残しがありますが、ホントは全部黒く塗るわけです。

今回は実験なのでこの状態で左のマウスボタンを離すと・・

 

hanana02-orgB3.jpg

上の塗り残しの状態だとこうなります。

下がちゃんと塗り込んだ状態で消した状態。

かなり違います。

大事なことは塗り残さないということです。(笑)

hanana02-orgB4.jpg

あとはさらに同じツールで不自然なところを消し込むか、あるいはスタンプツールを使ってマニュアルで似たところをコピペするかです。

これはケースバイケースなので、どちらを使った方がいいのかがわかるようになるまでには、やはりある程度の数を処理して、慣れる必要があります。

いろいろやってみると、それなりの気づきがあったりして、結構楽しいモノです。

 

hanana02-org.jpg 

上が処理前。

下は処理後。

hanana02.jpg

今回の例より小さな対象物は、ほぼ一撃で消せます。

中央の人や、右側の自転車は楽勝・・でもないか。(笑)

でもこのツールなしで消せ!って言われたら、かなり時間がかかるわけですからねえ。

ありがたや、ありがたや。(笑)

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年12月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2012年12月

月別アーカイブ