足指を曲げる

コメント(0) (0)

0803legsfinger01.jpg

 

97歳の父が、施設の廊下で倒れ、3週間寝たきりになっていたので、そのまま寝たきりにならないよう、現在リハビリ中なのですが・・

そのプラグラムの一部で、「医者に行かず」「特別な道具も必要とせず」「自宅や仕事中にちょっと意識するだけ」で腰痛を直す方法です。

 

0803legsfinger02.jpg

 

腰痛は、足指を曲げて治す! 

足指をまげるだけで腰痛は治る! 

 

0803legsfinger03.jpg

椅子に座っているときに、足指を曲げるストレッチを続ける。

するとこの状態で立てるようになります。

 

 

0803legsfinger04.jpg

足指の腱や筋をストレッチして強くすると腰痛に効きます!

  

 

寝たきりで起こる「廃用症候群」

 

廃用症候群とは気づかぬうちに運動能力が衰え、自分で動くことが思うようにできなくなるだけでなく、ほかの体調不調を起こしてしまう病気のことです。

 

寝たきり状態が続くと、運動能力が低下 ・心肺機能も低下 ・うつ状態 ・逆流性食道炎 ・床ずれなどの症状が起こります。

つまり体を動かさない状態が続くと、運動機能や心肺機能が低下してしまうのです。

 

運動能力が低下すると動く意欲が落ち、さらに運動量が減り、体の機能が低下してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

そのためDRTロボットを急遽導入したわけです。

 

97歳という高齢では、そのまま放っておくと、必ず寝たきりになります。

   

3週間寝たきりだったので、まずは3週間を目標に、DRTロボットで毎日6セット(約1時間)動かし続けたのです。

導入後2週間でかなり元気になり、昨日などは部屋の中だけの移動は、杖を使わずに歩いていました。

   

寝たきりになる危機は脱したと言って良いでしょう。

 

というわけで親孝行には、DRTロボットです!(笑)  

  

 

関連記事 

 

DRTを再開

                                                       

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年9月

« 前月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2018年9月

月別アーカイブ