SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

コメント(0) (0)

α6000 用に、全長約30mm、重さ116gという小型軽量の、ソニー Eマウント用 APS-C専用 SELP1650を中古で購入。

確か1万5千円前後でした。

   

alpha7R3-16-50-01.jpg  

今回はソニーのフラッグシップであるフルサイズの SONY α7RⅢ で撮影。

ただ、高感度時にノイズが発生するそうです。

ズームは約3倍。3倍ズームでここまで小さいのが素晴らしい。

プラスチックのズームスライダーは、それほどのクオリティではありませんが、スムーズなズーミングが可能です。

  

alpha7R3-16-50-02.jpg

スチル撮影で素早く動かしたいときには手動でズームリングを回す、という使い分けもできます。

  

0913shot05.jpg

光学式手ぶれ補正機構がついています。

AFは静かで速く、使い勝手がいいです。

  

0913shot06.jpg

切れの良いシャープな絵にはなりませんが、過不足のない描写です。

 

0913shot08.jpg

スナップ用として、ちょうど良いレンズです。 

alpha7R3-16-50-05.jpg

必要ならアンシャープをかけると、少しキリッとした仕上がりになります。 

 

0913shot07.jpg

明暗差が大きいシーンも大丈夫。

 

0913shot02.jpg

α6000とのキットレンズですが、SONY α7RⅢ との組み合わせでもこの通り。

  

0913shot03.jpg

背景のボケもスムーズです。 

   

alpha7R3-16-50-03.jpg

最短撮影距離25センチ-30センチ

alpha7R3-16-50-04.jpg

マクロを使わなくても、食べ物の撮影が可能。

 

alpha7R3-16-50-06.jpg

神戸屋レストランは制服がナイス。

 

0913shot09.jpg

SONY α7RⅢ + SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

 

SONY α7RⅢ と組み合わせても、鞄に入れた場合に、嵩張らないので、散歩や毎日の持ち歩き用として、おあつらえ向きです。

フルサイズとAPS-Cサイズでは、イメージサークルのサイズが全く違うので、全面で写らないのですが・・

 

フルサイズ機に、APS-Cレンズつけると、APS-Cサイズにクロップして撮影する機能が搭載されています。

クロップされると、解像度の高い中央部分だけを使うことになり、都合良し。(笑)

      

      

今日撮った写真 人気ランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです。^^;

 ↓ < ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年9月

« 前月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2018年9月

月別アーカイブ