DRTロボットの使いこなしTIPS

コメント(0) (0)

0918DRTrobot.jpg

   

DRTロボットは10分ごとに再設定しなければならないのが、チョット不便な点です。

しかもリモコンの赤外線受光部が、中央にあるので、その上に寝ると、リモコンの赤外線が遮蔽されてしまいます。

 

ですが、ある工夫をすることで、奥上がらずに、寝たままリモコンで操作できます。

 

写真のように毛布を本体の操作パネルに被らないように、赤外線受光部を露出させておきます。 

0918DRTrobot2.jpg

枕があると、首と背中上部の間に隙間が出来るので、カラダは操作パネルに触れていない状態になります。

    

10分が経過して止まったら、リモコンを操作パネルの方向に向けボタンを押します。

ピッという音と共に操作をすることができるはずです。

少しカラダを捻れば、確実にリモコンの赤外線が、受光部に届きます。

 

カラフルな枕は「冷え枕」。

夏の暑いときは、頭寒足熱で頭がひんやりしてとても気持ちがよく、爆睡できます。

 

20120914O2capsule.jpg

2012年9月に 何故か爆睡 で紹介したアイテムです。

頭を冷やせでも書いていますが、中には水だけではなく、高分子化合物の液体が入っています。

そのため、常に常温より4度から7度くらい低くなるように設計されているため、ちょうど良い冷たさです。

  

この頃とは、枕の柄が変わっていますが、あいかわらず冷え具合がナイスです。

   

   

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年9月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2018年9月

月別アーカイブ