2018年09月27日 のCoolに過ごそう

車載カメラショット

コメント(0) (0)

0724dualmercedes.jpg

 

0724dualmercedes2.jpg

同じ車が二台併走という珍しいショット 

左C200・ 右C230

 

0725minivan3.jpg

左からスズキ・日産・マツダ

似ているのでエンブレムを見ないとわからない。

だけど、それぞれが微妙に違う。(笑)

 

0821marchnismo.jpg

ニスモ(nismo s) のエンブレム

タイア・エグゾースト・リアランプのLED化で固めたマーチ

問題は顔・・(笑)

   

マーチNISMO

●NISMO/NISMO S 共通主要装備

■LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
■専用レッド電動格納式リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動自動格納機能付)
■リヤフォグランプ
■専用車速感応式電動パワーステアリング
■専用本革・アルカンターラ?巻3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ付)
■専用タイヤ ブリヂストン POTENZA RE-11(205/45R16 87V)& 16インチアルミホイール(16×7J)
■専用エンブレム
■専用フロントグリル
■専用フロントバンパー
■専用サイドシルプロテクター
■専用リヤバンパー
■専用ルーフスポイラー(ハイマウントストップランプ付)
■専用フェンダーモール(フロント・リヤ)
■専用サスペンション(スプリング、ショックアブソーバー)*
■ドアサッシュブラックアウト

 

●NISMO S 専用主要装備

■HR15DEエンジン(専用チューン)
■5速マニュアル
■専用シフトノブ&シフトブーツ(レッドステッチ付)
■専用ピアノ調フィニッシャー(シフトノブ、エアコン吹き出し口、フロントパワーウインドウスイッチベース)
■専用コンビメーター(nismoロゴ入り、220km/hスケール)
■専用アルミ製アクセル・ブレーキ・クラッチペダル、フットレスト(nismoロゴ入り)
■専用スポーツシート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付)
■NISMO S専用エンブレム
■専用サスペンション(スタビライザー)
■専用エキゾーストシステム
■専用ブレーキシステム
■専用チューニングコンピューター(ECM)
■車体剛性強化(フロントサスペンションメンバーステー、トンネルステー2ヵ所、リヤサスペンションステー、テールクロスバー)

 

本格派の香り

モデルチェンジをしてみれば、そのルックスはいかにも新興国狙いに宗旨替えをしたとしか受け取れないもの。

これまでの歴代モデルがフォーカスをした日本とヨーロッパに加え、新たに成長著しい新興国市場も獲得したい、という狙いどころはもちろん理解ができる。

が、だからといって「ここまで時代をさかのぼらなくてもいいじゃないか!」というのが、自身の4代目マーチに対する第一印象であったのだ。

このモデルは2グレードの設定。"普通のマーチ"と同じ1.2リッターの3気筒エンジンをCVTと組み合わせた「NISMO」と、専用チューニングが施された1.5リッターの4気筒エンジンにMTを組み合わせた「NISMO S」というのがそれだ。

200万円をはるかに下回る価格でこれだけ楽しめるとなれば、それはやはり貴重な存在。

    

日産マーチ・ニスモS試乗レポート

各部を専用強化したボディ、よりハードな専用サスペンションに専用ブレーキ、ブリヂストン最強のポテンザRE11というタイヤ、スポーツシート、アルミペダル、専用メーター......と、専用とか最強、スポーツにアルミといった言葉が大好物のマニア筋には、マーチ・ニスモSはツボだらけなのだ。

 さて、そんなマーチ・ニスモSは普通のマーチよりは圧倒的に速い。ただし、失礼ながら、これはあくまでマーチであり、しょせん1.5リッター自然吸気エンジンでしかないのも事実でもある。

操縦性はとにかくキレッキレ! その走りはまるでパチンコ玉のように弾ける。サスペンションが根本的に硬くて、ボディも小さいのでアラっぽい運転への許容範囲はせまいが、ときに跳ねたり暴れたりしそうになるのを、自分の創意工夫でなだめすかして乗りこなしたときは、そりゃもう至福の快感......というタイプのクルマである。

高速ではステアリングに手を軽く添えるだけでズバーンとまっすぐ走るし、前出の鬼グリップタイヤ(ポテンザRE11)にボディやアシの剛性が負けた感がまるでない。これらの点はお世辞ぬきで感心する。

  

 

 

DRTロボットを交換

コメント(0) (0)

0924DRTrobot.jpg

 

父が使っているDRTロボットですが、先週のはじめ頃から、突然モーター音のような「ウィーンウィーン」という耳障りな音が鳴り出しました。

製造元のアルインコへ連絡すると、交換してくれるというので、まずは交換品を送って貰うことになり、先週の木曜に到着。

    

金曜日に交換し、故障したものを箱に入れて返送したのですが、重さが20キロ以上あるので、結構大変でした。

でもアルインコさんは、とても気持ちのよい対応でした。

 

私の使っているDRTロボットは使い始めてから、ほぼ3ヶ月ですが、全く問題なく動いています。

   

父の使っているものは、まだ一ヶ月ほどですから、アタリが悪かったのでしょう。

まあ機械モノは、時々こういうことがありますね。

     

0924DRTrobot2.jpg

最近は6回ほど動かしているので、所要時間は約1時間。

気持ちよさそうです。

     

0924squatmagic.jpg

スクワットマジックは、できるだけ毎日大体30回位はやるようにしています。

私が居ないときは、やっていないようですが・・(笑)

     

ベッドから立ち上がる時、手や腕の力を使わなくても、ようやく立てるようになってきました。

ですが、杖や手すりを使うとラクなので、どうしても腕の力を頼りたくなるようです。

 

97歳ですから、まあ仕方ありません。

       

それと起き上がるときなどの一連の動作が、少し早くなってきました。

前はベッドから起き上がる動作がノロノロと、ホント遅かったですからね。

   

午前中は往復1時間+DRT6回の1時間、合計2時間ほど、父のために毎日通っています。

なので自分で、DRTロボットを操作して、動かせるようになってくれれば良いのですが・・

 

現状では、自分で寝ながらリモコン操作をして、何度も動作させることは無理なようです。

今のところ、それ目標にして、お互い頑張っています。

     

  

 

QuickMagicAll - 26(水)

コメント(0) (0)

QMALL Watch

757fc1865ae1d03ff28dc78cedcdeb4e6a72dd08.jpg

米国ナスダックマーケット QMALL 昨夜の成績は?

    

ボトムスキャン ・ マーケット開始2分後の表示

0926bs2.gif

ボトムスキャン無料ユーザー登録 で 1週間無料トライアル

基本メソッド カットロス幅の基準は▼150ドル前後

  

 

ロングサイド

 

 

rost.gif

ROST 500株 +110ドル

 

 

ea.gif

EA 500株 +180ドル

プルバックは110ドル

 

 

atvi.gif

ATVI 500株 ▼60ドル

 

 

sbux.gif

SBUX 1000株 +500ドル

 

 

avgo.gif

AVGO 200株 ▼50ドル

 

 

ショートサイド

 

 

stx.gif

STX 1000株 ▼140ドル

3分足でのプルバックは500ドル

下は30秒チャート

stx30.gif

3分足での手仕舞いだとロスは360ドル増加する

 

 

pep.gif

PEP 500株 ▼70ドル

 

 

nktr.gif

NKTR 500株 +160ドル

 

 

nxpi.gif

NXPI 500株 +660ドル

 

 

khc.gif

KHC 1000株 ▼30ドル

 

      

QMALLは10銘柄へエントリー

ロングサイド +680ドル

ショートサイド +580ドル  

合計 +1260ドル

すべて3分足での手仕舞いだとロスは360ドル増加する  

 

ボトムスキャンのゲインの 約78% のパフォーマンス。    

   

ボトムスキャンのパフォーマンスは +1610ドル。

  

ロングサイド3勝

ショートサイド2勝

 

勝率の割には伸びる銘柄が少なかった・・

とはいえトータルでは千ドルオーバーの大勝!

  

 

2018年9月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2018年9月

月別アーカイブ