ストレスを減らすアルカリ化ドリンク 

コメント(0) (0)

stress01.jpg

 

私たちは必要なエネルギーを、食物のなかに含まれているプドウ糖から摂取します。

ブドウ糖は細胞の中で燃焼され、炭酸ガスと水に分解されます。

 

ですが、ここで完全に燃焼されないと、乳酸や焦性ブドウ酸など毒性のある酸化物を生成し体内へ蓄積してゆきます。

これが酸性体質の原因です。

  

ただし、プドウ糖の燃焼を助けるものをとれば、酸化物がたまることはありません。

その燃焼を助けるものクエン酸+重曹のアルカリ化ドリンクです。

 

 

クエン酸+重曹ドリンクはカラダのクリーナー 

 

クエン酸+重曹のアルカリ化ドリンクは、いわば体内にある酸性物質の「掃除屋・クリーナー」です。

クエン酸+重曹のアルカリ化ドリンクは体内を酸性に傾けていた疲れ成分を取り除くことで、身体を健康な状態に戻しています。

 

健康を維持するのはもちろん、体調が悪いときや、病気を患っているときこそ、クエン酸+重曹のアルカリ化ドリンクが効果を発揮します。

病気のときは、間違いなく身体が酸性に傾いているからです。

 

クエン酸+重曹のアルカリ化ドリンクを多く摂取すると、体液を弱アルカリ性に戻すことが可能になります。

こうした状態は、自然治癒力を高めることにもつながっているのです。

   

  

副作用やカラダへの害は一切なし

 

風邪気味だったり胃腸の調子が悪いとき、また疲労感が消えない場合は、薬を飲むよリクエン酸+重曹のアルカリ化ドリンクです。

薬には必ずなんらかの副作用がありますが、クエン酸+重曹のアルカリ化ドリンクには副作用や害は一切ありません。

 

水に対して決められた分量のクエン酸と重曹で、ドリンクを作るのが基本です。

 

クエン酸+重曹のアルカリ化ドリンクはアルカリ性のため、血液をサラサラにする効果もあります。

 

身体が弱アルカリ性に保たれていると、自然治癒力の敵であるストレスにも打ち勝つことができるのです。

ストレスによる体調の悪化を、事前に食い止めることができるのです。

 

 

stress02.jpg

 

ストレスを強力に低減させる効果

 

現代社会では、ストレスのない人は、一人としていません。

仕事や人間関係、パソコンや携帯の長時間使用などがストレスの元をさらに増幅させます。

 

stress04.jpg

 

子供の進学、仕事の昇進左遷などによるストレスは、カラダに対して強いダメージを与え続けます。

毎日のことですから、1秒たりとも休むことなく、心身を攻撃し続けます。

 

stress07.jpg

 

たまったストレスを放っておくのは非常に危険です。

将来のあなたに、大きなダメージを必ず与えることに繋がってゆくからです。

 

stress03.jpg

子供も学校や社会から様々なストレスを感じています。

そのストレスは本来持っている素晴らしい潜在能力を、ことごとく破壊してゆくのです。

       

ストレスとは外部からのストレッサーにより、身体が本来持っている恒常性が乱れた状態を指します。

ストレツサーというのは、ストレスを与える原因のことです。

 

stress09.jpg

気温の変化さえもストレスを引き起こすのです。

  

体を動かす習慣や、打ち込むことのできる趣味を持っている人は、ストレスを上手に解消することができます。

ですが長い間、強いストレスに晒され続けていると、自然治癒力は衰え、ホルモン分泌や身体を守る免疫反応も低下してゆきます。

     

stress05.jpg

   

 

自律神経の動きを安定化

  

恒常性とは、身体の状態を一定に安定させる機能を言います。

たとえば冬になって急に気温が下がると、私たちの身体では皮膚の下にある血管が収縮して、熱が身体から逃げるのを防ぎます。

 

こうすることによって体温が一定に保たれます。 

恒常性は、自律神経が正常に働くことで行われます。

 

人間や動物は、ストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れて、病気にかかりやすくなるのです。

心配事があって夜になってもなかなか寝付けなかったり、胃が痛んだりという症状はよく耳にします。

 

これもストレスによる自律神経の乱れが原因です。

 

頭痛、肩こり、胃の不快感、吐き気、食欲不振、血圧の激しい変動、めまい、不眠、眼の疲れ、耳鳴りなど、ストレスが原因と思われる症状は多々あります。

 

ですが、自律神経の乱れを整えることができれば、ストレスを感じても体調を崩す可能性は低くなるのです。

この、自律神経のバランスを整える働きを補うのがクエン酸+重曹のアルカリ化ドリンクなのです。

    

stress06.jpg

   

交感神経と副交感神経のバランサー

 

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。

 

私たちは普通、驚いたり不安を感じたりすると動悸や血圧が上がります。

これが交感神経の働きです。

 

身体の緊張状態が続くと、次に副交感神経が働き、リラックスさせるのです。

通常、昼間に活動しているときは交感神経が活発に働き、夜になると副交感神経が活発に働きます。

 

この交感神経と副交感神経がバランスよく機能することで、私たちは健康が保たれているのです。

自律神経のバランスの乱れとは、この2つの神経のバランスが乱れた状態を指します。

 

クエン酸が、自律神経のバランスを整えるのに効果があることは、すでにストレス学説で認められています。

クエン酸特有の酸っぱい味は、味覚に適度な刺激を与えてくれます。

 

この刺激は、精神的ストレスを緩和させるのにとても効果的です。

それは、スポーツ選手や新人のタレントが、緊張を感じたときにレモンや梅千を食べるということからもわかります。

 

またクエン酸+重曹のアルカリ化ドリンクには、ストレスと密接な関係にある副腎という臓器を助ける働きがあります。

副腎からは、副腎皮質ホルモンという分泌物が出ているのですが、このホルモンが自然治癒力をコントロールしているのです。

 

副腎皮質ホルモンが順調に分泌されていないと、身体はストレスの攻撃に負けてしまうのです。

この副腎皮質ホルモンの材料が酢酸(酢、クエン酸)であるという事実は、既に発見されているのです。

 

 

stress08.jpg

  

実は画期的な発見

  

たとえ副腎皮質ホルモンの分泌が順調に行われていなくても、クエン酸+重曹のアルカリ化ドリンク摂取で、身体べのダメージを減らすことができます。

これは画期的な発見です。

  

本来、たまったストレスを放っておくのはとても危険なことなのです。

体調が悪くなるだけではなく、重篤な心身症を引き起こすきっかけになるからです。

   

忙しくてスポーツや趣味にかける時間がない方には、意識してクエン酸+重曹のアルカリ化ドリンクを摂取することをお勧めします。

   

ストレスは、あなたが本来持っている能力を奪い取ってゆきます。 

クエン酸+重曹のドリンクで毎日水分を摂取する。

 

喉が乾いたら、チビチビと飲む。

これだけで、ストレスへの強力なバリアとなってシールドしてくれるのです。  

 

stress10.jpg

 

あなたをストレスによる重荷から、必ずや守つてくれるはずです。

   

 

関連記事

 

サプリメントの記事

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年9月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2018年9月

月別アーカイブ