チャート画面

コメント(0) (0)

どちらかというと、「素朴な疑問」に属するのかも知れませんが、2点についてご質問をいただきました。

一つは、銘柄選択関連。

もう一つは、チェックシートに関連するものです。

 

1.トレード中のチャート画面はどのようになっているのですか?

当然ながら何銘柄も表示されていると思うのですが、常にそれぞれの窓をドラッグして、候補になるような銘柄を一箇所にまとめたり、そういう画面操作をされてるのでしょうか。

 

2.チェックシートに「ヒゲ」とありますが、どこのことを指すのですか?

私は、ロングの時、陰線のHigh/Lowライン上の位置によって、○、△、×とマーキングしています。ショートの時はその逆です。

今更ながらのことをお伺いして大変恐縮なのですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

まずは、トレード中のチャート表示レイアウトと、画面の構成についてのご質問から。

これは使っているディスプレイの数によって違うでしょう。

 

トレードフロアでのトレーニングでは、17インチディスプレイを縦置きにしたものを3枚並べたものを使っています。

一番右のディスプレイは、執行ツールと、執行ウィンドウと連動するチャートが並んでいます。

真ん中のディスプレイは、「よい」と思われる候補銘柄。

ロングサイドとショートサイド銘柄は混在しているようですが、ディスプレイの中の場所で分けています。

左は私が指示した銘柄のチャートを並べているようです。

そして一度銘柄名を打ち込んだら位置は固定。

つまり真ん中と、左のチャートは銘柄がダブることがあるということです。

  

意見を聞いた2人のトレーダーは、イロイロやってみた結果、これに落ち着いたということでした。

大事なのは良い成績がコンスタントに出せているかどうか。

つまり銘柄選択がうまくいっているかどうか、つまり差し替える候補銘柄が探せているかどうかなのです。

慣れの問題もありますから、絶対に「これ」がベストというものはありません。

 

私は20インチディスプレイを縦置きで3枚使っています。

横一列が5銘柄×7段表示させることができるサイズです。

私の場合、一番左のディスプレイは、執行ツールと、執行ウィンドウと連動するチャートを並べています。

トレードフロアの2名のトレーダー達と逆の位置です。

これは慣れの問題なので、どちらでもいいでしょう。

 

違うのは真ん中と右のディスプレイでの表示。

中央は、ショートサイド銘柄。

右はロングサイド銘柄。

 

そしてよい銘柄順に並べ替えています。

一度打ち込んだ銘柄は、パターンによって、ウィンドウをドラッグし、並び替えます。

つまり最上段の横一行は、最もよいと思われる銘柄が並んでいる状態になるわけです。

その下の横一行は次に良いと思われる銘柄、というわけです。

 

コマンダーとしての現在のレイアウトは執行部分がなくなります。

そのかわりに、ネットエイド関連のウィンドウや、ボトムスキャンが並んでいます。

これが違うだけです。

 

チェックシートのヒゲは、単純にヒゲの長さです。

ロングサイドなら、長い上ひげは×。

次は△。

ローソク足に上ヒゲがなければ○。

つまり自分がエントリーしている方向に長いヒゲが出たら要注意なので×ということになるわけです。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年9月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2012年9月

月別アーカイブ