我家の掃除ロボット事情

コメント(0) (0)

1207robotcleaner02.jpg

自宅のロボット掃除機(左が水拭き・右はゴミ吸取り)

   

1207robotcleaner01.jpg

自宅の充電基地・現在稼働中

水拭きロボットは充電基地へ自動で戻れないが、掃除ロボットはちゃんと戻る。

 

1122Laqulito03.jpg

オフィスのロボット掃除機(右が水拭き・左はゴミ吸取り)

  

オフィスで稼働しているモデルはは2013年9月から稼働中。

ロボット掃除機二代目で書いたiRobot ブラーバ380j水拭きロボット 

   

壁にぶつからない自動ロボット掃除機(ハイグレードモデル)

ダークレッド CZ-907-DR" CCP 【LAQULITO】 約¥2万3千円

最初は壁にぶつかるが、そのうちぶつからなくなる。

ぶつかり方?は、割とソフト。

 

1122Laqulito02.jpg

手前へ来ないように、椅子でガード。

  

1122Laqulito01.jpg

これくらいの段差は全く問題なし。

 

1122cable02.jpg

コードだらのオフィスだが、コードは床に触れないように処理してある。

 

1122cable01.jpg

コード類は束ね、ロボット掃除機の掃除分担境界線として利用。

  

1122aqua03.jpg

自宅のゴミ吸い取りロボットは AQUA。 

AQUA ロボットクリーナー
AQC-RB100C(W) AQC-RB100C(W)  約¥1万8千円
  

こちらの方がオフィスで使っている掃除機より新しいので値段が安くなっている。

性能は同じようなもの。

ただ、オフィスのロボットより、ぶつかり方はちょっと強い。

   

1207robotcleaner03.jpg

水拭きロボット稼働中。

手前の椅子と絨毯で、ロボットが手前へ来ないようにガード。

 

1122aqua01.jpg

猫を廊下に出しておくと、必ずロボットにつきまとう。

  

1122aqua02.jpg

これくらいの絨毯の段差は問題なし。

 

1122aqua06.jpg

回転するブラシが猫の絶好の標的。

 

1122aqua04.jpg

回転するブラシが猫じゃらしの役目。(笑) 

 

1122aqua05.jpg

ルナ公は回転するブラシのある掃除ロボットが好きなようだ。

  

ウチの場合、高い掃除ロボットは全く不要。

これ位の掃除ロボットで十分。

要はコードなどの始末をきちんとしてあるかどうかがポイント。 

   

一気に全部掃除させるのではなく、部分部分を区切って掃除させている。

要は使いこなし。

   

カミサンは、けなげに、そして静かに水拭きをするロボットがお気に入り。 

   

  

SONY α7R II + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240  

    

   

今日撮った写真 人気ランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです。^^;

 ↓ < ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

   

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年12月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015年12月

月別アーカイブ