暗い写真

コメント(0) (0)

ネットに掲載されている写真は、アンダーなものが意外に多い。

最近特にだ。

暗い部分が埋もれてしまい、全体に寝ぼけた見栄えのしない写真になってしまっている。

       

予算がないため、記事の書き手がデジカメで写真を撮るというケースが、こうした傾向に拍車を掛けているのだろう。

撮ったままの、現像なしで掲載したかのようなレベルの写真も少なくない。

    

サンプル1

 

画像はこちらから拝借。

 ↓

築30年で分譲時と同じ価格水準を維持、資産価値が落ちないマンションの秘密 

adjustimages.jpg

上はオレが現像した写真・下がオリジナル

このレベルの現像だと1分もかからない。   

    

 

サンプル2 

  

画像はこちらから拝借。

 ↓

新車試乗記 第775回 メルセデス・ベンツ S300h

Sclass2.jpg

上はオレが現像した写真・下がオリジナル

     

いかがだろう?

  

現像ソフト(Lightroom ・ Photoshop)を使い、少し手を加えただけで、これだけ違ってくるのだ。

プロなら、これくらいの処理は当然だと思うのだが・・

仕事を頼んだ側から、何も言われないので、そのままなのだろう、たぶん。

     

「いいね!」がもらえない写真からの脱出!でも書いているが、写真は構造的に光量が十分にないと、人間が見た感じに比べると、コントラストが落ちるようになっている。

   

そのため、手間を掛けず(掛けられない事情?)撮ったままで掲載されているものが多いのだろう。

では海外ではどうなのか。

というわけで、車のサイトをチェックしてみた。

  

AUTOCAR 日本

AUTOCAR 本家

autocarUK.jpg

英国の本家サイトの写真を拝借。

ライティングのもとで撮影された写真が掲載されている。

    

autocarUK2.jpg

車が持つ魅力であるスピード感を表現し、車のフォルムも美しく見えるような工夫がされている。

だが日本の自動車関連サイトで、こうしたスピード感を感じる写真は皆無。 

総じて海外のサイトと比べると、日本のサイトは写真のレベルが低いようだ。

    

 

CAR and DRIVER 日本

日本のサイトを見ると、サイト自体に魅力なし。

caranddriverjp.jpg  

CAR and DRIVER

米国のサイトだが写真のレベルは低い。

caranddriver.jpg 

  

関連記事

  

写真は撮ったままがベストを勘違いしてないかい?

ヒストグラムでレベルアップ!

レタッチ

最新ソフトの威力

フォトショップの使い方はYouTubeで!

階調の自動補正

  

Lightroom の自動補正

スマホカメラの必需品

色かぶり

LightRoom4

直感的に使える Lightroom4

一発補正の威力

ローキー

写真にはこれ一本!

iPhoneの写真が暗すぎたのでLightroomを使って激的変身! 

カメラ用照明

もっと光を!

ミニ三脚

ベランダ周遊写真集

週末点描

  

 

 

今日撮った写真 人気ランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです。^^;

 ↓ < ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年12月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015年12月

月別アーカイブ