勝てる心理状態へ持込むのがポイント

コメント(0) (0)

クイックマジックWatch

QMALL クイックマジックオールプレイ の成績は?

757fc1865ae1d03ff28dc78cedcdeb4e6a72dd08.jpg

 

FMOCの利上げ決定の翌日にあたる、米国ナスダックマーケット17(木)は溜飲の下がる展開でした。

   

 

10銘柄全てにエントリーすると?

1217BS2.gif

      

ロングサイド・クイックマジックで5銘柄 ▼1030 ドル     

INTU ▼160ドル

VIAB ブレイクイーブン

ALXN ▼90ドル

SCTY ▼600ドル

LRCX ▼180ドル

  

ショートサイド クイックマジックで5銘柄 +2740ドル

AMGN +1150ドル

TSLA +280ドル

VRTX +400ドル

BIIB ▼280ドル

CELG +1190ドル

   

両サイド10銘柄で +1710ドル

 

ロングサイドは壊滅でしたが、痛かったのは SCTY。

SCTY1217.gif

1000株銘柄なので、いきなりマイナス600ドル。

ということで、ロングサイド銘柄のトータルは ▼1030といきなり千ドル越え。

 

しかし捨てる神あれば、救う神あり。(笑)

  

AMGN1217-2.gif

AMGN +1150ドル

AMGNはトレンドラインに沿って下落。

  

で、他のショートサイド銘柄はというと・・

TSLA +280ドル

VRTX +400ドル

BIIB ▼280ドル

つまり3銘柄で+400ドル

 

ロングサイドのロスと相殺すると▼630ドル

つまりまずはこの分をAMGNとCELGで勝てばいいわけです。

   

CELG1217.gif

CELG +1190ドル

CELGはアタマで▼100ドルまでプルバックが来たのですが150ドルまでは許容できるので我慢。

その後も揉み合いましたが、AMGNが順調に下げていたので、ひたすらホールド。

赤い61.8%を越えるとあっという間にレンジアベレージまで下落。 

  

結局この2銘柄で+2340ドル、ロングサイドトータルの▼1030と相殺すると・・

何と両サイド10銘柄で +1710ドル

  

というわけで、FMOCまでの3日間の、イマイチだった成績を一気に更新してくれたわけです。

    

このトレード方法は、カットロスが非常にハッキリしているというのが、ポイントです。

ロングサイドのSCTYのように、エントリーした足が反対色なら次のアタマでカットロス。

このわかりやすい基準が「判断を迷う」というストレスから守ってくれるため、心理的に非常にラクになるわけです。

    

ほとんどの場合、ローソク足の3本目のアタマで、カットロスすべき銘柄の処理は終わってしまいます。

あとは、少しでもプラスになっている銘柄が、最大の利益になるよう、処理することに集中するだけ。

   

AMGN と CELG がゼロでも、ロングサイドのロスと相殺すると▼630ドル。

これが想定できる最大の負けなので、この程度なら2銘柄で十分取り戻せるチャンスがあるのです。

そのためプルバックも150ドル以下なら我慢できるのです。

 

なぜならこれだけポジティブな心理状態で、カットロスを我慢できるのか?

理由は簡単です。

今までの履歴を見ればわかるように、トータルで大きく負けるということは皆無だからです。

 

もちろんミスがあるとダメですよ。

ミスさえなければ、必ず勝てるトレード方法なのです。

   

手仕舞いの際、最大の利益になるように考えながら作業に集中できる。

つまり、心理的に非常に有利な状態で事を運べるのです。

負けをひっくり返すという、いわゆる「どんでん返し」の醍醐味を心ゆくまで楽しむことさえできるのです。

 

仕事が楽しいというのは、続けるうえでの強力なモチベーションになります。

     

この日は2銘柄を2時間以上ホールドしていたのですが、トータルでプラスに転じてからは、まさに天国。(笑)

午前2時頃まで起きていましたが、楽しいと全く苦にならず。

それにこういう残業はごく希にしかありませんからね。

たまにはいいものです。

   

それに2時間半で、10万円も稼ぐことができるというビジネスモデルが他にあるでしょうか?

そしてそのコストが非常に低いのも、大きな魅力です。

 

店舗や人件費のコストがないわけですからね。

必要なのは自分の人件費だけ。(笑)

  

というわけで、このトレード手法はこれからの時代のための、個人が完全なる経済的自立を達成できる、唯一の手段だと自負しています。

     

さて今晩もどうなるかが、楽しみです。^^V

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年12月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015年12月

月別アーカイブ