2012年04月16日 のCoolに過ごそう

桜4

コメント(0) (0)

最近は天気が変わりやすい。

sakura01-3.jpg

ダイナミックな雲と、はかない桜。

下がオリジナルの画像。

sakura01-original.jpg

画面が暗いので、フォトショップの HDR トーンを使って明るくする。  

sakura01-2.jpg

右下に人物などが写っているので消去。

sakura01-3.jpg

完成画像。

GR DIGITAL4 + Photoshop CS5

 

うなぎ登り

コメント(0) (0)

タイトルの「うなぎ登り」というのは、最近ウナギの値段が上がっているから。(笑)

20120410yamashin01.jpg

神戸の「山信」といえば、地元では知る人ぞ知る店。

 

20120410yamashin04.jpg

東京都内の水産市場でのウナギの取引価格は昨年同期の1・7倍だという。

 

20120410yamashin03.jpg

前は600円・800円・1000だったからねえ・・

 

20120410yamashin05.jpg

店内はこういう雰囲気。

 

20120410yamashin06.jpg

鰻が焼き上がるまで、この漬け物を小皿にとって食べながら待つわけだ。

食べ放題だが、これだけを、そんなに沢山は食べられないからね。

 

20120410yamashin07.jpg

薄すぎて、味がほとんどない味噌汁。(笑)

 

20120410yamashin08.jpg

ご飯は半分っていったのに、まだ多いよなあ。(笑)

これが並で1300円。

 

20120410yamashin09.jpg

常連らしき老夫婦とこの店のおばあさんが、病気の話を延々としていた。(笑)

といってもダンナはひと言も喋らず、もっばら奥さんが喋るわけだ

検査ではこの店のおばあさんの頭に、なにやら影があったらしいのだが、怖いから再検査に行くのをためらっているのだという。

この店のおばあさんの妹さんは、倒れて5時間ほどで亡くなったらしい。

年金を貰う前に亡くなってしまったというから、65歳前だったのだろうか。

老夫婦の奥さんが、検査に行った方がいいよ、いい病院を紹介するからと、病院の電話番号などを教えてあげていたが、上の写真はその隙にパチリ。

いくら何でも、あからさまにカメラを向けるわけにはゆかないからね。

20120410yamashin02.jpg

というわけで、他に客がいなかったこともあって、とにかく倒れたら終わりや・・などと病気と死ぬ話をおかずに、鰻を食べるハメになってしまった。(笑)

だが、こういう気を遣わずにすむ、いわゆる緩い雰囲気の店で、鰻を食べるのも、たまにはいいものだ。

 

 

キャリードッグ・ケージ

コメント(0) (0)

自宅のあるマンションの公共スペースでは、ペットは抱き抱えるか、ケージに入れて運ばなければならない。

0412jiroscage03.jpg

父はこのカートに直接座らせている。

だがカートが斜めになると、犬は滑り落ちそうになるわけだ。

なので時々ジローはバランスを崩して下りてしまうことになり、時々住人から文句が出ていると、マンションの受付から連絡があったりするのだが、父は平気の平左。

結局私やカミサンが、注意させます、と謝ることになるわけだ。

なので父の入院を機に、対策をすることにした。

まずはホームセンターで犬のサイズより少しだけ大きな段ボールを購入。

父の退院後使われなく可能性もあるので、あまりコストをかけるわけにもゆかないからね。

0412jiroscage02.jpg

ホームセンターでチェックしてみると、犬の運搬用ケージは結構するのだ。

見栄えは悪いが、収まり具合を見るためなので、段ボールでまずは様子見。

制作費用は段ボール代の288円。

運搬用ドッグケージのプロトタイプモデルですな。(笑)

0412jiroscage01.jpg

座ることまで計算に入れてなかった。

ちょっと大きかったようだ。(笑)

0412jiroscage05.jpg

で、ホームセンターを探し回って見つけたのがこれ。

880円の折りたたみ式コンテナを流用。

手前の2カ所を針金でカートへ固定してあるだけなので、コンテナはすぐに外すことができる。

ジローが滑らないよう、底に滑り止めのマットを、絨毯固定テープでケージへ固定。 

0412jiroscage04.jpg

下りるタイミングはわかっているようなので、外へ出るとあっという間に飛び出してくれる。

エレベータ内で、ジローは人に吠えることはないし、じっとおとなしくしているから、これで問題なし。

乗車時だけ抱きかかえる必要があるが、慣れれば自分で乗れるはず。

というわけで、一件落着。

かな?(笑) 

 

ミニ三脚

コメント(0) (0)

カメラ用 LED ライトの必需品は三脚。

20120415slickmini2-02.jpg

 

ホワイトバランスがオートのままだと、照明の具合で、このように色味がバラついてしまう。

 

20120415slickmini2-01.jpg

値段はアマゾンで 1,507円

  

20120415slickmini2-03.jpg

カメラで使うための水準器付き。

  

20120415slickmini2-04.jpg

以上は LEDライト2灯での撮影。

  

以下は 1灯が被写体なので、LEDライト1灯で撮影。

20120415slickmini2-05.jpg

以前のものと同じ3,580円なのに、かなり進化したようだ。

    

20120415slickmini2-06.jpg

バッテリーは専用のものが付属している。

 

20120415slickmini2-07.jpg

 

20120415slickmini2-09.jpg

バッテリーを外した状態。

 

20120415slickmini2-08.jpg

もちろん、このバッテリー専用の充電器が付属している。

カメラはすべて GR DIGITAL4 で、なおかつ手持ちで撮影している。

  

室内灯は消して、あえて真っ暗な状態にして撮影。

やはり2灯で撮影した三脚の写真の方が、光が回り込んでいるため、うまく撮れている。

複数の光源で数を撮ってゆくうちに、反射光をどのように使えばいいのかが、よくわかるだろう。

 

もちろん2灯より3灯の方がより美しく撮ることができるわけだが、角度の調整などで時間がかかることになる。

写真のプロではないので、2灯を使うというのが、時間や機材のコストの点で、バランスの良い選択ではないだろうか。

 

2012年4月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2012年4月

月別アーカイブ