What A Fool Believes 

コメント(1) (0)

ドゥービー・ブラーザーズ Doobie Brothers  での大ヒットで知られるこの曲をご存じだろうか?

What A Fool Believes - Michael McDonald

 

この曲はマイケル・マクドナルドとケニーロギンズとの共作

途中で転調ありの、凝った作りだが、歌詞がまた素晴らしい。

 

といっても和訳がないと、その素晴らしさはわからない。

というわけで、翻訳してみた。

   

What A Fool Believes (バカなあいつ)

 

 The Doobie Brothers - What a Fool Believes (with lyrics)

He came from somewhere back in her long ago
The sentimental fool don't see
Tryin' hard to recreate
What had yet to be created once in her life

彼女には彼はただの昔の男
なのにバカなあいつはそれがわかっていない
よりを戻そうと必死になっているけれど

She musters a smile for his nostalgic tale
Never coming near what he wanted to say
Only to realize
It never really was

昔話を聞いてもひきつった笑いしか浮かばないのに
彼が何を言っても、ぴんとこない私なのに
やはり違ってたのだって、ことだけしかないのに

She had a place in his life
He never made her think twice
As he rises to her apology
Anybody else would surely know
He's watching her go

彼の人生で一度は関わったけど
彼女が思い直すことはなかった
彼がどう謝ろうと
それは誰の目にもはっきりしている
ヤツは彼女が去るのを見送るだけだろうと

But what a fool believes ... he sees
No wise man has the power to reason away
What seems ... to be
Is always better than nothing
And nothing at all keeps sending him ...

Somewhere back in her long ago
Where he can still believe there's a place in her life
Someday, somewhere, she will return

でもバカなあいつはまだそう思ってる
どんな男でも、もうどうしようもないのに
見込みがありそうに見えるかも知れないけど
あいつは彼女とやってゆけるはず、とまだ思ってる
いつかどこかで彼女が戻ってくることを

She had a place in his life
He never made her think twice
As he rises to her apology
Anybody else would surely know
He's watching her go

彼の人生で一度は関わったけど
彼女が思い直すことはなかった
彼がどう謝ろうと
それは誰の目にもはっきりしていた
ヤツは彼女が去るのを見送るだけだろうと

But what a fool believes ... he sees
No wise man has the power to reason away
What seems ... to be
Is always better than nothing
There's nothing at all
What seems ... to be
Is always better than nothing
There's nothing at all
But what a fool believes he sees ...
No wise man has the power to reason away
What seems ... to be
Is always better than nothing

でもバカなあいつはまだそう思ってる
どんな男でも、もうどうしようもないのに
見込みがありそうに見えるかも知れないけど

あいつは彼女とやってゆけるはず、とまだ思ってる
どんな男でも、もうどうしようもないのに
見込みがありそうに見えるかも知れないけど

あいつは彼女とやってゆけるはず、とまだ思ってる
どんな男でも、もうどうしようもないのに
見込みがありそうに見えるかも知れないけど


 

日本の歌は、今の時代になっても、いまだに二次元的というか、表層的に好きだ嫌いだ、惚れたというレベルの歌詞でとどまっている。

だが欧米では歌詞は、今やこの次元まで踏み込んでいる。

  

曲にしても、日本の曲は素人がカラオケで歌えるような歌いやすいものばかり。

だがこの曲は、本当に歌唱力のあるプロでなければ、聴くに耐えないものになってしまう。

それくらい、歌いこなすのが難しい曲だ。

     

日本人でこの曲を歌いこなせる歌手が、果たしているだろうか?

特にサビが難しいからね。

 

You Tube でも素人がいろんな曲をアップしているが、さすがにこの曲の歌バージョンは見当たらない。

インストでやると思いっきりマヌケけになるしね。(笑)

   

Michael McDonald - What a Fool Believes 1985

どうやらテレビを録画したもののようだが、バックでロベン・フォードがギターを弾いているというレアなバーション。^^V

 

Michael McDonald - What a Fool Believes Live

 録音と画質ともにバランスのよい演奏だ。

この曲の間奏は意外と難しい。

特に間奏のギターでの終わりのフレージングを、歌へスムースに繋げようとすると、このコード進行だと意外と手こずることになる。

この曲の間奏でのギターソロを聞くと、なるほどとよくわかるはず。

 

   

George Michael - What a Fool Believes (live at Birmingham)

 

このジョージマイケルのバージョン。

この曲がいかに難しい曲かがよくわかるね。

      

      

こうしていろんな曲を聴いたあと、改めてキャロル・ウェルスマン のバージョンを聴いてみると・・

 

彼女の解釈は男性陣と全く違うのが素晴らしい。

  

 

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

そうですね、これが70年代の曲ですからね。日本とは50年くらい差があるのかな!?
ありがとうございました。勉強になりました!

コメントする

2012年4月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2012年4月

月別アーカイブ