2012年07月21日 のCoolに過ごそう

ニュルが危ない

コメント(0) (0)

昨夜の米国マーケットは、開始早々から下げはじめ、わかりやすい展開だったが、朝起きてみると、後半でさらに下げたようだ。

原因はスペインの景気後退は来年まで長引くとの見解や、スペイン自治州の財政懸念の台頭によるもの。

ギリシャをはじめとしたユーロ圏の財務危機は、ローテションのごとく順繰りにやってきて、こんどはスペインの当番。(笑)

 

こうした金融危機はF1の世界にも波及している。

今週はホッケンハイムでのドイツGPだが、今回の開催地ホッケンハイムはニュルブルクリンクと交互に開催されている。

赤字続きのニュルブルクリンクは、現地のラインラント・プファルツ州から多額の資金援助を受けている。

だが経済危機に喘ぐラインラント・プファルツ州は国や欧州連合に支援を求めたが、拒否されたという。

 

サーキットを運営するニュルブルクリンクGmbHはラインラント・プファルツの銀行に対し、2009年の再開発に伴う約289億円の返済義務があるという。

金利返済のためにEU委員会に対して約12億3,000万円の緊急融資を申請したが、これは承認されない見込みだという。

州知事によると、ニュルブルクリンクGmbHは「今月末には破産する可能性が高い」 と発言しているという。

 

 

日本では基本的に開発車両の公道テストは許可されていない。

もちろん面倒な手続きを取れば可能で、時には日本でも実施されているようだが、それは極まれに行われているだけだ。

だが、ドイツでは開発中の車両に専用ナンバーを付ければいつでも気楽に公道を走れる仕組みになっている。

そのため、日本の開発メーカーの評価ドライバー達は、今のままじゃメルセデスやBMWには絶対追いつけない、と嘆くわけだ。

 

 

ポルシェをはじめとするドイツ車、のハンドリングのすごさと日本車との違いは、こうした開発環境によるものでもあるわけだ。

ニュルがなくなると、日本車は燃費がいいだけで、走りの魅力はさらに薄まってしまうのではないだろうか?

  

  

ニュルは日産のGTRがテスト走行を繰り返して開発されたことで、一般的にもかなり有名になった。

だが、もし破産してニュルがなくなったら、GTRはどこを走るのだろう?

12億3,000万円くらいの緊急融資なら、あるとき払いの催促なしで、日産が貸してやればいいのではないだろうか。(笑)

日産のカルロス・ゴーン社長の2012年3月期の役員報酬は9億8700万円。

カルロス・ゴーンの年俸を何年分か下げれば、簡単にできる話だろう。

 

カルロス、貸してやれよ。(笑)

 

危機管理

コメント(0) (0)

東京電力が試験的に燃料集合体を取り出している。

福島第一原発4号機の使用済み燃料プールでは、本格的な取り出し作業を来年末(!)に予定している。

だが今回のこの作業は、「核物質防護」を理由に作業日程などは一切公表されていないのだ。

万が一のことがあったら、住民はどうすればいいのか?

  

福島第一原発の使用済み燃料プールには、未使用も含めた燃料が1号機に392体、2号機に615体、3号機に566体、4号機には1535体が保管されている。

今回取り出したのは放射線量の比較的低い未使用の燃料だったという。

だがこうした危険な作業では、何かが起こったときの具体的な対応を決めてから行うべきなのではないだろうか?

  

テロ対策での「核物質防護」というが、プールは実質的に野ざらし状態なのだ。

今回も事前に情報が漏れ、報道機関のヘリコプターが周辺を飛び交う中での作業となったわけだ。

作業日程を告知し、トラブルが発生した場合の周りへの連絡や通報態勢や避難手段などは最低限、周辺住民には告知しておくべきだろう。

 

こうした原子炉の安全対策というのは、避難をさせるなり、一定の範囲を立ち入り禁止にするなりして、万全の安全対策を取るのが基本ではないのか?

何かが起これば、多くの県民は昨年の3月11日のあの日のように、何も知らされない状態で逃げ回らなければならないわけだ。

このような進歩のない安全対策しか取れない東電に、原発を再稼働させることの危険性を、何故大手マスコミは報道しないのだろうか?

広角・望遠サンプル

コメント(0) (0)

X4 はシャッター音がいい。

これだけで KISS N とはかなり印象が違う。

それと、ISOが6400まで使えるので、イロイロ組み合わせを考えながら撮る楽しみの領域が拡がる。

狙った瞬間に切り取ることのできる小気味よさ。

これこそが、デジイチならではの醍醐味だ。

とこの際、言い切ってしまいたい。(笑) 

これは「梅の花」へのエレベーター手前のホールの天井。

20120720umenohana2.jpg

EOS KISS X4 + TAMRON AF18-270mm F3.5-6.3 Di II VC

20120720umenohana3.jpg

18ミリだがフルサイズセンサーではないので、1.6倍すると 28.8ミリ。 

28.8ミリなら、室内でも使える画角。


 

20120720Wide02.jpg

中央の船をズームしたのが、下のショット。

ちょっと汚れたガラス越しで撮影。(笑)

20120720Zoom02.jpg

270ミリ端。

カメラに装着すると、1.6倍なので432ミリの望遠端。

つまりこのレンズは15倍ズームということになる。  

 

20120720Wide02.jpg

上をチョイズーム。 ↓

20120720Wide03.jpg

この「魚「をズームしたのが下のショット。

20120720Wide04.jpg

チョイ汚れ状態の、ガラス越しで撮影したにしては、悪くないよね。

2012年7月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2012年7月

月別アーカイブ