カメラと趣味

コメント(0) (0)

いつの間にか、趣味の欄には「写真」と書くようになっている。

だが冷静に考えてみると「カメラ」と書くべきなのかも知れないが・・

どちらにしても写真を撮るにはカメラが必要になるわけで、いわゆる素人の典型的な「道具に凝る」というパターンだ。(笑)

最近91歳の父がカメラを持ち歩いている。

私が子供の頃から写真を撮っていたので、大ベテランだ。

父はフイルムカメラの時代だったが、最後はライカのカメラを使っていたという。

デジタルになった今は、私の方がカメラに関しては詳しいので、私がソニーのコンデジを買ったあと、同じモノを買っていた。

20120728dadcamera01.jpg

 

少し前に ライカのカメラを買ったようだが、まだ撮っているのをを見たことはなかったのだ。

V-LUX40 の前のモデル V-LUX30 のようだ。 

パナソニックのいわゆるOEMで提供されたコンデジだ。

 

20120728dadcamera02.jpg

 

テレビで放送している大曲の花火の映像を撮影し、スライドショーで楽しんでいるようだ。

音楽が自動的に鳴るようで、最初何なのかわからずに、ビックリした。(笑)

 

20120728dadcamera03.jpg

 

ランチのあと、反対側へ寄り道するというのでついて行くと、私が撮っていた場所と被写体だった。(笑)

 

20120728dadcamera05.jpg

 

私はその様子を後ろからパチリ。

父は、構図が大事なのだと、一枚を撮るのに非常に長い時間をかけている。

さすがだ。

私はライカじゃなくて、3万円台で買ったフジフイルムX10

上の写真はすべてX10。

構図は適当かな。

なので撮るのはあっという間。(笑)

どうしてX10かという理由はこちらでどうぞ

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年7月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2012年7月

月別アーカイブ