グーグルチャートの設定方法

コメント(0) (0)

私が使うときの設定方法です。

ここで説明する設定は、2分足を使ったイントラデイのトレーディングを想定しています。

2012年7月30日時点でのグーグルチャートの仕様です。

グーグルのブラウザ Chrome を使います。

◆ グーグル・チャート

Gchart01-2.jpg

グーグルチャートは、3分足がない。

縦の長さがこれ以上小さくできないため、多くのチャートを並べてというと、大きなディスプレイが必要だ。

20インチ縦置きで4チャート。

20インチ3枚のディスプレイなら、合計12チャート。

3銘柄を複数保有するトレーニングには微妙な数だ。(笑)

 

銘柄を表示させるには?

Gchartsymbol.jpg

米国株の場合は ADBE GOOG 等のティッカーシンボルを入力。

 

ローソク足で表示させるには?

Gchartsettings02.jpg

 

移動平均線を表示させるには?

Gchartsettings2-2.jpg

チャートの下にある Technical を選択

  

チャートの表示範囲を変えるには?

 

chartslidemove.jpg

チャートの部分をカーソルで一度クリックすると、機能がアクティブになる。

操作をしても変化がないときは、チャートの部分を一度クリックする。

 

チャート下の「ハンドル」の使い方 

chartslidemove2.jpg

 

上はイントラデイの2分足のチャートだが、日足チャートに変更すると・・

下のように任意に表示させる期間を調節することができる。

zonehandle2.jpg

 

movebutton.jpg

 

 

ローソク足を太くしたり細くするには?

candlewide.jpg

上向きの矢印キーを押すとチャートが太くなる

上はローソク足を最も太くした表示。

下向きの矢印キーを押すとチャートが細くなる。

下はローソク足を最も細くした状態。

candlenarrow.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年7月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2012年7月

月別アーカイブ