キヤノンがレンズ交換式ミラーレス機を発売

コメント(0) (0)

Canon EOS-M: hands-on preview of Canon's first mirrorless EOS

canonmirroeless.jpg

キヤノンは最初のレンズ交換式ミラーレスカメラEOS Mを発表した。

EOS 650D/T4i(Kiss X6i)と同じ18MPセンサーを採用し、より小さなEF-Mマウントを搭載した最初のモデルとなる。

EOS Mは主に、一眼レフのクオリティを求めてコンパクトからアップグレードするユーザーの市場をターゲットとしており、タッチスクリーンインターフェースが採用されている。


希望小売価格は22mmレンズとのキットが799.99ドル、18-55mmレンズとのキットが849ユーロ、18-55mmと22mmのキットが1049ユーロ、22mmレンズとEFアダプターのキットが979ユーロ。

EOS Mの特徴

- 新しいEF-Mレンズマウント(APS-Cセンサーサイズに最適化)
- 1800万画素APS-CハイブリッドCMOSセンサー
- 動体追尾付きのムービーモードのコンティニュアスAF
- 14bit DIGIC5プロセッサ
- ISO100-12800、拡張で25600
- 4.3コマ/秒の連写、AFトラッキング時は3コマ/秒
- 1080p30fpsの動画、ステレオ音声
- 外部マイク端子と音声のレベル調整機能
- 104万ドット3:2タッチセンサー液晶モニタ(マルチタッチ対応)
- EOS標準のホットシュー
- クリエティブフィルター

 

<質疑応答>

Q.発表のタイミングについて

A.「EOS M」を満を持して発売したのではなく、やっと目処が付いたというのが正直なところ。

 

Q.今後のレンズの予定は?

A.今後の予定はいえない。

 

Q.価格がやや高めでは?

A.EOSの1機種という意識が強い。内容的にはKiss X6iとあまり変わらない。十分に価格に見合うものだと思っている。

 

Q.ミラーレスは最後発だが今後の市場展開は?

A.日本やアジアはマーケットからの引きが強い。欧米はまだそれほど引きが大きくない。各マーケットのニーズに即応する。まずは国内から展開はじめ、海外に展開してゆく。

 

Q.国内展開は?

A.国内はすでにミラーレスが4割。いいものを出したいということで、結果的に最後発になった。一眼レフとミラーレスの両方を延ばしてゆきたい。コンパクトからミラーレス、そして一眼レフにステップアップして欲しい。

 

 

 Q.ミラーレス機としての国内シェア目標は?


A.発売は9月なので、残り3ヶ月しかないため、今年の年間でのシェアは10%か15%くらいだと思う。来年は30~40%になると思う。(キヤノンマーケティング・佐々木氏)

 

Q.撮像素子は「Kiss X6i」と共通なのか?

 

A.撮像素子は同じものと考えていい。処理系も同等なので、画質面でも「Kiss X6i」と同等と考えていい。

 

Q.AF速度がやや遅いのでは?

A.AFについては「X6i」のライブビュー撮影時とほぼ同等。まだ、製品版までにリファインされる可能性もある。また、STMレンズでは(通常のEFレンズより)高速化が図れる。

 

Q.「EF-EOS Mアダプター」の価格設定(12,000円・税別)について

A.EF-Mレンズが少ないということもあるが、「EOS M」を多くの人にEOSユーザーに使って欲しいと思い、思い切った価格に設定した。

 

Q.「EF-EOSアダプター」はこれまでのEFレンズで、制限なしに使えるのか?

A.何の制限もなく、全機能を活用できる。

 

Q.「EF-EOSアダプター」の三脚座は取り外しできるのか?

A.取り外しは工具なしに可能。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年7月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2012年7月

月別アーカイブ