銘柄を限定して追いかける

コメント(0) (0)

トレードフロアでのトレード手法は、ここでも何度も解説しているが次のようなものだ。

フィボナッチの上下にある緑と赤の236ガイドラインを抜けたら、表示銘柄の指示に関係なく、越えた方向へエントリーというルール。

236ガイドラインとは、その銘柄の20日間平均の値幅を100%として、始値から上下に23.6%の位置を表示したもの。

チェックシートをつけながら、同時に複数銘柄を保有しながら、チェックシートの指示通りに執行する訓練をしているわけだ。

だが自宅でネットエイドを利用する場合や、ボトムスキャンを利用する場合、限定した銘柄だけを追いかけるという方法がある。

下は昨夜の米国マーケットの5分の時点でのボトムスキャンの表示だ。

 

ボトムスキャン ・ マーケット開始後 5分 の表示

0723BS5.gif

 

  TSCO0723.gif

これはロングサイド銘柄

+236(緑の水平線)を抜ける前は陽線が6本以上続いているためプルバックを待ってからエントリーするわけだ。

500株だが1000ドルのゲインだ。

 

  

PCAR0723.gif

これはショートサイド銘柄だが、開始後2本目の陽線が長く、また長い下ヒゲがあるうえ、3本目は潜った位置から始まっているから、ショートサイドへは入れないパターンだ。

だが反転してきたら、まず+236までを狙って +330ドルを獲るわけだ。

そして次は+236を抜けた位置で入り、長い上ひげの出たあとで手仕舞いすると+600ドル

そして高値抜きでエントリーすればさらに+500ドル。

 

いかがだろうか?

移管でリアルティックを使えない間、この方法でなら無料チャートで紹介した、FreeStockCharts  でも十分トレーニングできるはずだ。

開始後5分の時点で表示された銘柄だけを、しっかりと追いかける。

次津日に入れ替わる銘柄を追いかけるのが難しければ、しっかりと待ち伏せて、ここぞというときに狙い撃つ。

そして、翌日しっかりと検証をする。

この繰り返しで、休むことなくマーケットに参加し、腕を磨くことだ。

勝ちたいという執念と工夫は、成功するためには欠かせない条件なのだから。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年7月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2012年7月

月別アーカイブ