帰ってきたC6

コメント(0) (0)

ハイドロのオイル漏れ修理、ロアアームのブッシュ交換、ステアリングテンショナーのベルト交換。

という作業を終え、退院して帰ってきたC6。

ウルトラスムースなブレーキングのタッチが蘇った。

ステアリングを目一杯切ると、キュルキュルという異音はステアリングテンショナーのベルト交換で完治。

ブレーキベダルからいきなり足を離すと、ショックが出ると言う症状も、ロアアームのブッシュ交換で完治。

ロントのハイドロポンプあたりから、オイル漏れはホースが緩んでいたのが原因のようでこれも完治。

 

20120707C6.jpg

KISS X4 + TAMRON AF18-270mm F3.5-6.3 Di II VC で撮影

 

あと乗り心地が微妙に悪くなっているような気がしたので、チェックしてももらっていたのだが・・

リアのハイドロがちゃんと動いていないかも知れないとのこと。

他のC6と比べると、リア側が気持ち堅いようだという。

普通の人は気がつかない程度のハナシで「良くわかりましたね」とメカニックの人に驚かれた。

  

20120601sevenstar02.jpg

フジフイルム X10 で撮影

  

上の写真の右上に写っている丸いのがスフィア。

シトロエンだけの「ハイドロ・サスペンション」は、スプリングのかわりにオイルとガスを封入した球体(スフィア)を用いている。

「魔法のカーペットに乗っているような」乗り心地は、このスフィアによるもの。

というわけで部品をオーダーして、ETCとCDつきの代車が用意できたら再入院ということで、まずは仮退院。(笑)

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年7月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2012年7月

月別アーカイブ