福島県双葉町で鼻血が多いという統計資料が存在

コメント(0) (0)

「福島県双葉町で鼻血が多い」統計資料の存在が判明。

双葉町はデータを隠蔽か?

岡山大、広島大、熊本学園大のグループが発表!

水俣学の視点からみた福島原発事故と津波による環境汚染 PDF

 

真実を探すブログからの引用だが・・

 

福島県で鼻血が出たシーンを書いたことでバッシングされている漫画「美味しんぼ」だが、福島県双葉町で鼻血の報告数が多いことを証明する統計資料の存在が明らかになっている。

この資料は岡山大、広島大、熊本学園大のグループが2013年に発表したもの。

福島県双葉町、宮城県丸森町筆甫地区、滋賀県長浜市木之本町の3ヶ所が主な調査地域。

   

双葉町と丸森町は体がだるい、頭痛、めまい、目のかすみ、鼻血、吐き気、疲れやすい等の症状が木之本町よりも明らかに多かったという。

特に鼻血の報告数は顕著で、双葉町と丸森町では木之本町の2倍以上も報告があるという。

ちなみに、この資料やデータは福島県双葉町には報告済み。

 

熊本学園大の中地重晴教授によると、「調査結果は、昨年8月に双葉町に報告済みだという。

そして「町側は、そのことを忘れているのではないですか」と話しているという。

福島県双葉町は、美味しんぼの漫画について、「原因不明の鼻血等の症状を町役場に訴える町民が大勢いるという事実はありません」と抗議をしている。

  

ということは、双葉町は大嘘を言っている、ということになるわけだ。

つまり双葉町が資料隠蔽等の違法な行為をしていた可能性があるということになる。

   

  

自民の閣僚が一斉攻撃!「美味しんぼ」叩きの本当の狙い カレイドスコープ

『美味しんぼ』騒動 ~ それでもワシは大笑い

  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2014年5月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年5月

月別アーカイブ