電源・信号経路チューン

コメント(0) (0)

オフィスと自宅にミキサーを導入し一気に音質のグレードがアップ。

だが、プロケーブルのWEBによると、肝心の電気を供給する電源ケーブルや電源タップがダメだと、効果が半減するようだ。

というわけで、電源タップを購入。

 

0518Tap01.jpg

重鉄タップを越えた重鉄タップ・六個口

    

0518Tap02.jpg

本体金属にアースが回してあるため、電磁波を、受けない、出さないという安心設計。

   

0518Tap03.jpg

このプラグは アイソレーション電源トランス600W・100V仕様 のプラグ

   

0518Transformer01.jpg

アイソレーション電源トランス600W・100V仕様 

 

アイソレーション電源トランスは、まずバランス転送によってノイズをキャンセル。

アイソレーショントランスの、空間によるノイズの遮断により最高度のノイズ削減効果を持つという。

アイソレーション電源トランスはアイソレーション部分の空間に、銅板を入れて、それをアースに落とすという構造のようだ。

アイソレーション部分をすり抜ける高周波ノイズを静電シールドがカットするという仕組み。

 

   

0518Transformer02.jpg

115V端子からは、115Vが出力されるため Xone:92 は 115V で使用。

これだけで、さらに音が良くなった!

下の2本はパワーアンプ付スピーカーの電源で100V。

  

0518Speaker01.jpg

スピーカーの裏側。

電源はアイソレーション電源トランスへ接続。

これで電源のプラグは全て非メッキプラグとなったわけだ。

そのため、メッキによる音の歪みは皆無になるというが、さて音はどう変わったのか?

 

続く・・

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2014年5月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年5月

月別アーカイブ