PCのサウンド

コメント(0) (0)

最高峰のオーディオ・クオリティ、高度なユーティリティを備えたハーフ・ラックHi-SPEED USBオーディオインターフェースという謳い文句のUA-101

長い間愛用してきた製品のため、パソコンと接続し、マルチチャンネル録音のデジタルミキサーとして、今回のオーティオシステム更新でも、使えるかどうかをテストしてみたわけです。

ところが、これを通すと、意外にも音があまり良くないことが判明。

  

これはどうやら、iPod のヘッドフォン端子からXONE:92へ接続した結果と同じことのようだ。

つまり、パソコンで iTune や YouTube  の音楽を楽しむには、PCのヘッドフォン出力からのアナログ信号を、ミキサーへ直接放り込んだ方が音が良いことが判明。

0530EdirolUA101.jpg

XONE92というミキサーがあるため、ミキサーとしての存在意義もなくなってしまったわけで、結局お払い箱。(笑)

ただ、iPod と PCの iTune からの音を比べると、PCからのサウンドは低域が甘く高音もイマイチ。

これは接続ケーブルの違いのためか? 

というわけで、現状ではパソコン出力用ケーブルが普通のものしかないため、PRO CABLE の BELDEN ベルデン 88760 をオーダー。

 

さて、ケーブルを変えると、どれくらい音が違うのか?

楽しみであります。

 

 

関連記事

 

JBL LSR25P

スピーカー選び

仰天のHDMIケーブル

電源・信号経路チューンでどう変わったのか?

電源・信号経路チューン

自宅AVシステム音質向上作戦

プロ・ケーブル

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2014年5月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年5月

月別アーカイブ