2014年04月03日 のCoolに過ごそう

食事品質改善作戦

コメント(0) (0)

今週から再び一日二食に戻しているのですが、一日一食の体験ノウハウを取り入れたスタイルに、変わりつつあります。

もともと、ご飯は少なめだったのですが、夕食は小さい茶碗でさらに半分の量に減らし、昼はご飯抜きで、いわゆる「おかず」だけ。

というのは、炊いたご飯を茶碗1杯150g(252kcal)食べるだけで、血糖値は166mg上昇します。

ですが、牛サーロインステーキを200g(約1000kcal)食べても、食後血糖はたった3mg未満の上昇で収まるのです。

 

いわゆる「糖質制限食」は、できるだけ糖質の摂取を低く抑え、食後の高血糖を防ぐためのもの。

わかりやすく言えば、主食を抜き、おかずばかり食べるという方向ですね。

抜く必要がある主食は米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類など糖質が主成分のもの。

  

もともと糖質制限食というのは、人間本来の食事に戻すという考え方から始まっているようです。

生活習慣病と言われている多くの疾患は、糖質過剰摂取病によるもの。

人の身体は、700万年間の狩猟・採集時代で完成されたのですが、農耕を始め、穀物を食べ始めてからは、わずか1万年。

つまり人間の身体というシステムは、もともと穀物を50%から60%も摂取するようにはできていないのです。

  

というわけで一日二食の場合も、「糖質」を、さらに獲らないようにすればいいわけで、結構簡単な改善方法です。 

   

0331Strongzero.jpg

先日飲んだ「糖質ゼロ」を謳っている STRONG ZERO ですが、成分表をよく見ると・・ 

0403strongzero2.jpg

甘味料として、アスセルファムKスクラロースが入っているではありませんか・・

これって、人工甘味料なのだから「糖質」じゃあないんでしょうか?

    

アスセルファムKはウィキによると・・

JECFAの評価では変異原性・ガン原性は認められず、本物質・加水分解物ともに毒性試験では無害、各種動物実験でも安全性が確認されている。

1日の摂取許容量は0~15mg/kg体重。厚生労働省行政情報

  

スクラロースは、天然には存在しないハロゲン化合物。ハロゲン化合物といえば難分解性有機ハロゲン物質であるダイオキシンやPCBなどがあり、ハロゲン化合物という同じ括りだ。

厚生労働省の安全審査で毒性(動物)試験をしたところ、9例中4例に下痢による流産が発生。

それに対する審査評価はあいまいで2003年共産党の井上議員が審査のやり直しを訴えている記事もある。

その後、どのようなやり取りがあったかわからないが平成18年(2006年)3月31日に医薬品添加物規格に認可されている。

スクラロースは新しい農薬の研究中にちょっとしたハプニングで発見された甘味料。

人間が摂取しても安全だというデータが非常に少なく、妊娠中、お年寄り、子供が摂取して安全だというデータも一切ない。

  

ボストン大学医学部のバーバラ・コーキー博士の研究によると、「すい臓は砂糖だけでなく人工甘味料にも同じく反応し、大量のインスリンを出すことが実証されているのです。

ありゃあ・・ 

というわけで、人工甘味料入りのアルコール飲料は、できるだけ避けようというわけです。

  

 

0403asahioff.jpg

糖質が入っていないアルコール飲料をピーコックで購入。

 

0403asahistylefree.jpg

どれも糖質ゼロ、あるいは微量を謳っていますね。

 

0403barreal.jpg

さて味とのバランスはどうでしょうか?

 

というわけで、今夜の夕食時に比べ飲みの予定。^^;

  

 

関連情報

   

糖質制限ドットコム

ドクター江部の糖尿病徒然日記 

  

工事用足場崩壊

コメント(0) (0)

神戸で工事用足場崩壊と早速ニュースで速報が伝えられているが、カミサンとのランチ後でたまたま現場をに通りかかったのでパチリ。

解体ビルの足場崩落 鉄骨など散らばり2人けが 神戸 という記事によると、ビルは5階建。

3階付近で切断したビルの鉄骨を重機で除去中、鉄骨が高さ約30メートルの足場に当たり、道路側に崩れ落ちたという。

こちらに写真あり 工事の足場が幹線道路をふさぐようにして倒壊した現場=3日午前11時42分、神戸市中央区布引町4

0403Accident01.jpg

0403Accident02.jpg 

0403Accident03.jpg

0403Accident04.jpg

上の一部をフォトショップで拡大 ↓

0403Accident07.jpg

 

0403Accident05.jpg

上の一部をフォトショップで拡大 ↓

0403Accident08.jpg

 

0403Accident06.jpg

上の一部をフォトショップで拡大 ↓

0403Accident09.jpg

 5DMarkⅢ EF16-35mm F2.8L USM

 

 

意外な展開

コメント(0) (0)

昨夜の米国ナスダックマーケット02(水)、マーケット開始後5分の時点でのボトムスキャンのパフォーマンスは +1690ドル。

ネットエイドでのガイドでは、35分までのガイド銘柄は、意外にダメで +970ドル。

これは珍しい・・ですが35分を過ぎてからの銘柄が良く動き、ボトムスキャンのパフォーマンスは何とか +3500ドル

じゃあトレーダーの皆さんはどうだったのかというと・・

やはり苦戦だったようです。

0402USuemat.gif

神戸在住

前日は+1090ドルでその前日は+794ドル。

で+749ドルの日の総評を下記に引用させていただきます。

ここに来るまで長い道のりだったが、3月は1万5千ドルオーバーを達成し、初めて3ヶ月連続で5000ドルアヴェレージを達成。

真の意味での経済的な自立を果たすべく今まで頑張ってきた結果がようやく実り始めた。

モチベーションが高いうちに一歩踏み出したい。

損益合計 +794ドル

しかしもったいないね。

ルール通り何故出来ないのか。それによって得られた利益を考えると腹立たしい。

明日からは何があろうとルール通りトレードする。

   

  
ついにやりましたね。

理想のトレードを目指し、ルールを守ろうとする姿勢を継続させることが、結局は成績に繋がったというわけです。

素晴らしい偉業といっていいでしょう。

実際にやってみるとわかりますが、毎日トレードを続け、コンスタントに一ヶ月5千ドルの成績を出すのは、かなりの実力が必要になるわけですからね。

   

まさに、デイトレードネットのトップページにある COOL WATCH 流れている「成功の一瞬は、失敗の数カ年をつぐなう」という文字通りの展開となったわけです。

人生でこうしたことを実感できる経験ができる方がどれほどいらっしゃるでしょうか?

それを考えると、感無量ではないでしょうか。

  

彼は神戸にお住まいだったため、少し前に東灘から、トレードフロアのすぐそばへ引っ越しされ、トレードフロアで研鑽を積まれ、最近はもっぱらご自宅でのトレード。

ですがときどき気分転換のためでしょうか、トレードフロアでトレードをされることがあります。

いやあよかった。

祝杯でも挙げましょう・・

でも確か、余り飲めなかったんですよねえ・・^^;

 

   

  

0402okab.gif

神奈川在住

この難しい地合いで、実に手堅くまとめられています。

エントリーはすべてオールグリーン。

つまりすべて事前の計画通りに執行されたわけです。

これは、なかなかできるスキルではありませんからね。

素晴らしいトレードです。

  

 

0402matsu.gif

温泉地在住

ここでの常連。(笑)

0402matsulist.gif

このレベルのトレーダーは、世界でも、なかなかいないでしょう。

別に誇張でも何でもありません。

これだけの期間、日々努力を続けられてきたわけですからね。

継続は力なり。

を見事に実践。

ただそれだけではなく、彼の存在は多くのトレーダーの皆さんの励みになっているはずです。

もちろん私がこうして書くための励みにもなっているわけです。

ありがたいことです。

  

 

2014年4月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年4月

月別アーカイブ