透明マント

コメント(0) (0)

透明マントの開発、格段に進化によると、セントラルフロリダ大学の研究チームが、可視領域の光を、従来よりも広い面積にわたって制御するナノ構造体の作製に成功。

今後さらに研究を進めることで、戦闘機を覆い隠すのに使える、大面積の「透明マント」開発に成功する可能性があるのだという。

 

だがそれだけではなく、赤外線カメラ向けの「光学迷彩」を使うと、熱追尾式ミサイルなどから車両等を見えなくするだけでなく、戦車を牛に見せかけるカモフラージュ映像も表示できるのだという。

特許取得済みのこのシステムは『Adaptiv』と呼ばれ、温度を非常に高速で変えることができる六角形の「ピクセル」からなるマトリックスを利用、複数の車載カメラで周囲をスキャンして背景を撮影し、その特徴を赤外線で車両表面に表示するのだという。

 

と、WIRED の記事から引用させていただきましたが・・

  

そういえば昔、シュワチャン主演の「プレデター」という映画がありましたねえ。

あれは1987年公開の映画。

なので、約30年後に、あれが実現しつつあるということになるわけで・・

1999年の2月8日の日記でも書いていますが。

 

でも我々一般人が、ああいうモノを着て役に立つシーンがあるのか?

というとちょっと思いつかないのですけどね・・

何となくいいことではなく、悪いことになら、役に立ちそうな気がしますが。(笑)

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2014年4月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年4月

月別アーカイブ