2014年04月09日 のCoolに過ごそう

いまさら人に聞けない・・

コメント(0) (0)

記者会見は30分ほど見たけれど、呆れた茶番。

質問する側の緩さに加え、質問内容にまつわる要領の悪さに唖然。

問題が難しすぎて理解できずに質問すると、ああなるのか・・

今も昔も・・

コメント(0) (0)

昨夜の米国ナスダックマーケット08(火)は、マーケット開始後5分の時点でのボトムスキャンのパフォーマンスは +1500ドル。

ネットエイドのガイドによる開始から6分までのパフォーマンスは +4220ドルで、最終的には +5700ドル。

と、悪くはない展開でした。 

 

トレーダーの皆さんはというと・・

 

0408matsu.gif

温泉地在住  スイングも始めたということです。^^

 

0408nakam.gif

東京在住

 

0408uema.gif

神戸在住

   

0408yamashi.gif

大阪在住

 

0408onode.gif

千葉在住

   

0408shij.gif

愛知在住 

  

 

おまけ

  

2001年7月-10月 バックナンバー 

チャートで見るマーケット10月31日あたりを見ると、イントラデイからスイングまで幅広く網羅。

3分足を使った神風ギャッププレイは今と同じ。

13年前も今も同じ事をやってるよなあ・・(笑)

違うのはチャートソフトだけ。

今見ても参考になるハズです。

 

 

バリエーション拡大作戦

コメント(0) (0)

といっても、食べる方のハナシであります。

普段ほとんど食べない種類のものでも、最近は糖質セロに留意した意外なアイテムがあるようです。

糖質制限ドットコムでは様々な食品があるのですが、果たして味の方はどうなのでしょうか?

 

というわけで、実際に購入し、試食してみました。

 

まずは、焼そば。

0409yakisoba01.jpg

こんにゃく焼そば 155円

糖質ゼロのこんにゃく麺を焼そばに仕立てたもの。

こんにゃくには日本人の食生活で不足しがちなカルシウムや食物繊維がたっぷり含まれているという。

 

0409yakisoba02.jpg

中身は麺の代わりの「こんにゃく」と粉末ソース、と紅生姜。

   

0409yakisoba03.jpg

キャベツともやしを加え、フライパンが熱くなったら、水分がなくなるまで炒める。

といっても油は一切不要。

最後に粉末ソースをからめて出来あがり。

  

0409yakisoba04.jpg

青のりと削った鰹節を振りかける。

0409yakisoba05.jpg

麺がこんにゃくなので、未体験の不思議な食感ですが、食べているうちに「慣れる」ようで、食べ終わる頃には、気にならなくなりました。

ソースの味も悪くないので、トータルではちょっと味が薄めの「焼そば」という感じでしょうか。

  

問題があるとすれば155円という値段かもしれません。

日清焼そばだと、100g×5食が通常価格525円でネットだと 389円だから一食あたり78円。

2倍の値段ですが、そのかわり、たとえばカップ焼きそばでも、糖質は 71.8g、角砂糖18個分!

 

片や、こんにゃく焼そばだと糖質は 5.6g、角砂糖1個強分。

砂糖換算で、13分の1しか糖質が入っていないわけです。
   

  

というわけで、食後のデザートは「こんにゃく白玉ぜんざい

またまた、「こんにゃく」の登場であります。(笑)

0409konnyakushiratama.jpg 

人工甘味料が入りなのが、ちょっと気になりますが・・

  

0409konnyakushiratama2.jpg

さて、味はまさに「ぜんざい」そのもの。

って当たり前か。(笑)

ただ白玉といっても、「こんにゃく」製なので、今まで知っている白玉の食感とは、月とすっぽん。

焼そばより遙かに違和感は大きかったのですが、でもそれはどうやら噛み心地とかに関連しているようです。

食べ終わるころには、「ぜんざいの味」に満足している自分に気がつくのでありました。(笑)

お値段は465円で糖質は6g 角砂糖1個半分。

  

普通の白玉ぜんざいだと、150円くらいですが、そのかわり砂糖たっぷりで、たぶん160g位は入っているはず。

だとすると、角砂糖40個分。

ひえー。

そのうえ白玉も糖質たっぷりですからねえ。

  

 

じゃあお口直しにさっぱりしたデザートを・・ということで「ゆずゼリー

0409yuzujelly.jpg

0409yuzujelly2.jpg

3つで865円。1個290円弱。

 

0409yuzujelly3.jpg

甘さ控えめのさっぱりゼリーでした。

糖質2.6g なので角砂糖1個分もないわけです。

  

 ラカントカロリーゼロ飴 は何と糖類ゼログラム。

0409candycofee2.jpg

ミルク珈琲味。 1袋310円。

0409candycofee.jpg

何となく冷たい食感というか舐め感。(笑)

普通のキャンディーと違って、空腹時に食べても、食欲がなくならないのが不思議。

キャンディーは砂糖が多く甘いので、食べないのですが・・

キャンディーを食べたのは何年ぶりでしょう。

でも糖質ゼロだと、精神衛生的な安心感を伴いながら、その甘さに堪能できるわけです。

甘さの満足感が欲しいときは、なかなかよいアイテムではないでしょうか。

 

   

というわけで 焼そば + 白玉ぜんざい + ゆずゼリー + ミルク珈琲味キャンディーを食べてみたわけですが・・

これだけ糖質を取ると、普通なら食後眠くなるはずですが、全く眠くならず。

アタマとカラダは依然スッキリというこのギャップがまた堪りません。(笑)

コストは楽勝に1000円以下で収まるので、カラダへのダメージを考えると、リーズナブルだといえるのではないでしょうか?

    

 

ちなみに下記は代表的な食べ物の糖質の量です。

    

ご飯1杯55g、角砂糖13.7個分

おにぎり1個40g、角砂糖10個分

ラーメン一杯69.7g、角砂糖17.4個分

お蕎麦一杯47.3g、角砂糖11.8個分

スーパドライ一本10.5g、角砂糖2.6個分

 

 

関連記事

炭酸飲料350mlで糖質は35g前後 角砂糖9個分

「コーラと同じ量の砂糖が入った水は飲めたもんじゃない」は本当か

 

スマホを30秒でフル充電する技術

コメント(0) (0)

イスラエルで行なわれたマイクロソフト主催のイベントで、スマホを30秒でフル充電できるという、技術が発表されたという。

イスラエルの新興企業が試作品を披露 こちら に動画があるが・・ StoreDot Flash-Battery Demo

Galaxy を充電できるプロトタイプでのデモだが、朝日新聞も報じている。

 

これはペプチドという有機アミノ酸を使っているようで、タンパク質(プロテイン)が生成できるためボディビルダーの間で人気があるのだという。

またスキンケアの分野にも幅広く応用されているというが、このペプチドを、スマートフォンのバッテリ充電にも利用しようということのようだ。

2年後には実用化できる見込みだという。

 

 

2014年4月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年4月

月別アーカイブ