フラッシュ・ボーイズ

コメント(0) (0)

超高速取引でウォール街を席巻する『フラッシュ・ボーイズ』を読んだが、よくわからない記事だ。(笑)

筆者は、情報社会学徒、多摩大学情報社会学研究所所長。

多分実際にアメリカマーケットで、実際にトレードをした経験がないのだろう。

Flash Boys: A Wall Street Revolt [Kindle版] をチェックしてみると・・なるほど。

 

この本はノンフィクションだというが、オレに言わせると、これは全くのフィクションだ。

「超高速取引」という言葉に惑わされるかもしれないが、仕組み上、売買の速度と儲かるかどうかは、関係ないわけだからね。

なぜならスプレッドの大きな銘柄なら、より有利な値段で売買できる可能性はあるわけだが、そんなスカスカの銘柄で、いくら超高速でトレードをしようとしても、相手がいないわけだからね。

それに手数料に負けない利益を出すには、エントリー方向への値幅が大きくなるまで、ある程度時間が必要になるわのだ。

  

 

英語での書評で星一つをつけた Somewhat entertaining, but it has several big wrong facts and it's heavily biased とか Dumb Tourist": Flash Boys is a Travesty などは、よく書けている。

まあ、読み物としては面白いのだろうけれど、これが本当に行われていると考えるのは、シロート。

      

私がシアトルでトレードを始めた頃から、こういうアイデアはあったわけだが、結論から言えば、魚がいるかどうかわかららない池で、釣りをするようなもの。

まあ時々は釣れるかも知れないが、ほとんどは美味しくないものばかり。

実際のマーケットで執行してみれば、よくわかるはずなんだけどね。

  

断っておくが、もちろんこれは、個人起業家レベルで、どうなのかというハナシ。

大企業は金に糸目を付けず、好きなことをやればヨロシイ。

と言われなくても、やるだろうけどね。(笑)

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2014年4月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年4月

月別アーカイブ