2014年04月11日 のCoolに過ごそう

夕食

コメント(0) (0)

一日1食のあとから、食事は何故か糖類抜きのトレンドになっている。

娘には最初、「ダイエットをしているの?」と聞かれたが、BMIは20でっせ。(笑)

というわけで、家族もすこしずつ方針を理解してくれているようです。

 

とはいっても今までの一日二食と何が違うのかというと、ご飯・うどん・パンは食べないだけ。

もちろんケーキとか甘い物とか、間食も一切なし。

一日二食だし、ちょっとくらいのケーキとかはいいだろう・・というのをやめたわけです。

 

とにかく、食後に全く眠くならないうえ、アタマが冴えた状態が長時間持続する。

という、ダブルの魅力には購えないわけで・・

カミサンも最近は趣旨を理解してくれ、たとえば今日の夕食ですが・・

  

0410dinner01.jpg

ほうれん草・卵焼き・フルーツトマト めざし キュウリの酢の物

   

0407kirinhonshibori.jpg

糖類無添加のチューハイ

  

0410dinner04.jpg

黄色いトマト

   

0410dinner02.jpg

タマネギのスライスとハム

    

0410dinner03.jpg

週末前なので?!毛ガニを半分。

   

0407livingroom2.jpg

この写真は違う日の食卓・この日は鍋。

      

以前と違うのは、夕食時に、ご飯は一切食べないという点だけ。

 

甘い物とかは、糖類制限のおやつを購入しているわけですが、ときどきのガス抜きは必要ですからね。

とにかく、食べ物への執着が薄れると、良く噛むようになり、おまけに味が良く分かるという余録があるわけで・・

夕食がとても楽しみという毎日は、幸せを運んでくれます。

  

 

 

 

 

輸入車が売れている

コメント(0) (0)

販売台数が前年を上回るのは4年連続。

さらに1000万円以上の高級車が約5割も増加しているという。

2013年の輸入車ブランド別新車販売台数はフォルクスワーゲン(VW)がトップ。

前年度比25.2%増の7万2157台で、何と14年連続で輸入車シェアのナンバーワンを獲得。

 

日本自動車輸入組合が発表した2013年の輸入車ブランド別新車販売台数はフォルクスワーゲン(VW)が、前年度比25.2%増の7万2157台で14年連続で輸入車シェアトップ

1位:フォルクスワーゲン 7万2157台(25.2%増)
2位:メルセデスベンツ 5万9774台(39.5%増)
3位:BMW 5万0256台(20.7%増)
4位:日産 3万3123台(13.5%減)
5位:アウディ 3万0222台(20.0%増)
6位:ボルボ 1万8233台(29.7%増)
7位:MINI 1万7163台(7.9%増)
8位:トヨタ 1万6329台(8.8%減)
9位:三菱 9771台(45.7%減)
10位:フィアット 8357台(54.3%増)

    

13年度の輸入車シェア、10.6%と過去最高 独VWが14年連続首位

前回の消費税増税(1997年4月)前の駆け込み需要で過去最高を記録した96年度(35万7461台)に次ぐ高水準だという。

軽自動車を除く新車販売全体に占める市場シェアは8.6%と過去最高を記録。

    

輸入車中古車登録台数、上位3ブランドが1万台超えで4か月連続プラス…3月

登録台数トップのメルセデス・ベンツが同3.3%増の1万3291台、2位のBMWが同10.1%増の1万3290台、3位のフォルクスワーゲンは同8.9%増の1万0742台。

   

   

日本の2013年度新車販売台数は+0.1%の537.5万台

新車登録車販売ランキング、アクア が プリウス のV5を阻止…2013年車名別

1位:アクア(トヨタ) 26万2367台(1.6%減)
2位:プリウス(トヨタ) 25万3711台(20.1%減)
3位:フィット(ホンダ) 18万1414台(13.3%減)
4位:ノート(日産) 14万7634台(73.0%増)
5位:カローラ(トヨタ) 10万1664台(26.4%増)
6位:セレナ(日産) 9万6407台(0.4%増)
7位:ヴィッツ(トヨタ) 8万5903台(18.7%減)
8位:クラウン(トヨタ) 8万2701台(176.0%増)
9位:フリード(ホンダ) 6万8371台(35.7%減)
10位:ステップワゴン(ホンダ) 6万2206台(2.4%減)

 

2年連続でトヨタのアクアがトップを獲得。販売台数は25万9686台で、2位のプリウスとは7,700台の僅差。

ランキング上位10車種のうち7車種は軽自動車がランクイン。

軽自動車の新車販売台数ランキングでは、ホンダのN-BOXが22万5900台で1位。

ホンダは9位にN-ONE、10位にN-WGNがランクイン。

N-WGNは2013年11月に発売されたばかりの車だが既に7万台以上売れている。

新車販売全体に占める軽自動車のシェアは39.3%で、94年以降で最高。

   

 

今の日本は、貧乏だとクルマは持てないが、お金持ちは国産車には乗らない、という状況なのでしょうか。

  

    

米国の2013年度新車販売台数は+7.6%増の1,560万台

1位  GM(米)                      2,786,078台( 7.3%)
2位  フォードモーター(米)      2,485,236台(10.8%)
3位  トヨタ自動車(日)           2,236,042台( 7.4%)
4位  クライスラー(米)           1,800,368台( 9.0%)
5位  本田技研工業(日)        1,525,312台( 7.2%)
6位  日産自動車(日)           1,248,420台( 9.4%)
7位  現代自動車(韓)             720,783台( 2.5%)
8位  フォルクスワーゲン(独)    569,419台(-1.9%)
--  富士重工業(日)             424,683台(26.2%)

 

 
ちなみに・・

ロシア新車販売、277.7万台

韓国5社の新車販売2013年は2.1%減の137.4万台

韓国経済はダメということです。^^;

 

さてフランス車だが・・

 

プジョーは昨年比5.7%増で5,970台。

ルノーは21.3%増の3771台。2001年のルノージャポン設立以来過去最高。

シトロエンは大幅減で2,947台。

フランス車は、3ブランド合計で12,688台。

海外メーカーの輸入車全体に対するシェアは4.6%。

   

0410C5-2.jpg

  

シトロエンは2000年代前半などは1,000台ほどしか売れていなかったが、現在は3倍近くに伸びている。

 

0410C5.jpg

C5

  

DSシリーズやC4ピカソの功績が大きいのだろう。

2014年は、今のところ、C4ピカソのフルモデルチェンジだけなので厳しいはず。

シトロエン頑張ってくれ!(笑)

 

 

とにかく下げたマーケット

コメント(0) (0)

昨夜の米国ナスダックマーケット10(木)は珍しく全くギャップがない状態で開始。

両サイドとも236のガイドラインをブレイクする銘柄の出現が遅い展開だったが、それでもショートサイド銘柄が圧倒的に多く出現。

こうした理由からだろうか、マーケット開始後5分の時点でのボトムスキャンのパフォーマンスは +640ドル。

35分の時点で記録されたタイミングが悪かったのだろう。

チャートで見るネットエイド 米国株でのネットエイドのガイドでの、開始から6分までのパフォーマンスは +7400ドル。

最終的には+8870ドルと伸びたわけだが、とにかくショートサイド銘柄にさえ入れば勝てるという展開。

 

  

ではトレーダーの皆さんはというと・・

  

 

0410matsu.gif

温泉地在住

今月はすでに1万2千ドルオーバー!

BIIB0410-2.gif  

BIIB +1238ドル

陰線のうちに手仕舞うという、理想的な脱出。

まさに教科書通りのパーフェクトなトレーディング。

素晴らしい!

 

   

0410uema.gif

神戸在住

今月はすでに8千ドルオーバー!

負けなしが凄い!

   

  

0410nakam.gif

東京在住 ハッピー リタイア 

少ないトレード数でまとめる力量がナイス!

   

  

0410hashi.gif

単身赴任なトレードはじめて野郎

今日も最初のエントリーでとれただけでした
途中からのエントリーはあとはあまりうまく
いってないです。

でもプラスで終了はいいことだし、あまり
あせらないで、ほかのいい人の結果を参考に
して向上をめざそう!!

経験の少なさを、向上心がカバーしているのでしょう。

向き合う姿勢がポジティブ!

 

 

 

2014年4月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年4月

月別アーカイブ