あれから7年

コメント(0) (0)

0311-foodlevel.jpg

   

2012年・平成24年・4月1日から施行されている食品中の新たな放射性物質の基準値をご存じだろうか?

一般食品 100ベクレル/Kg

乳児用食品・牛乳 50ベクレル/Kg

飲料水 10ベクレル/Kg

  

だが福島原発事故の真実と放射能健康被害をご覧いただきたい。

   

50ベクレルは全く安全ではなく、全く根拠のない数字なのだ。

内部被曝から体を守るためには徹頭徹尾、放射能汚染された食品を口にしないことが大事

  

日本政府が事あるごとに参考にしている国際放射線防護委員会(ICRP)は、被曝被害を過小評価していることで有名な団体だ。

  

欧州放射線リスク委員会(ECRR)によると、1945年から1989年までの間に放射線によって亡くなった人は全世界で6,500万人。

だが国際放射線防護委員会は、たった117万人だと発表している。

 

このような認識の違いは、ICRPが内部被曝をまったく否定しているからだ。

 

ICRPの考え方を鵜呑みにしている日本政府は「乳児用食品は50ベクレル/1kg以下なら安全」という数値を設定している。

子供の安全を守るという点では、まったく見当違いな数値だ。

 

「食べない方が良い」はっきり言えるのは10ベクレル。

10ベクレルもあるものは口にしない。

つまり大人でさえ10ベクレルが限界なのだ。

  

ドイツ放射線防護協会は、セシウム137は大人で8ベクレル、子供で4ベクレルが限界だと2011年3月20日に提言している。

現状では、日本の1億2千万人すべての日本国民、全住民が内部被曝の被害にあう危険性があるということになる。

  

今の日本は、チェルノブイリ法で「強制移住」「生産禁止」にあたる汚染ゾーンに100万人規模の人々が住んでいる。

つまり放射能汚染された田畑で米や野菜を作らざるを得ない人達がたくさんいるわけだ。

 

今回生まれた孫はミルクを飲まなければならない。

だが日本メーカーの粉ミルクを避ける人が多い。

 

 

日本の粉ミルクや乳製品=放射能汚染って世界の常識

日本のお母さん、未だに日本の粉ミルクを赤ちゃんに飲ませている?

汚染の可能性が1ベクレルでもあるなら、赤ちゃんには絶対食べさせないこと。

明治は2011年12月6日、粉ミルク「明治ステップ」から、1キロ当たり22~31ベクレルの放射性セシウム134・137が検出されたと発表。

    

粉ミルクの安全性に疑問を持ち、海外オーガニック粉ミルクに変えた理由

日本の粉ミルクのほとんどに入っているパーム油。
パーム油はポテトチップスやカップラーメン、菓子パン等に多く含まれています。
結果として、遺伝子組み換え作物を原料とする加工品がすべてのメーカーで使われていることがわかりました。

  

結論:一番安全な粉ミルクはエミューズのベラミーズまたはアースズベスト!

  

   

  

日本政府の放射能対策  

 

日本の農家の人達は、放射能汚染を承知で米や野菜を作り、放射能で汚染された農産物と知りつつも、売らなければ生活できない状況に追い込まれている。

一方で、消費者は内部被曝したくないため汚染地域の作物は避けようとするわけだ。

  

そのため全国各地で放射能汚染地帯の農産物が買い叩かれ、大安売りされている。

日本政府が農家も消費者も守らず、住民切り捨ての政治から生じている悲劇といっていいだろう。

 

国は、1kgあたり10ベクレルを基準値にして1ベクレルまで確実に測ることのできる体制をとるべきなのだ。

そしてすべての食品に、何ベクレルなのかを表示すれば済むことだ。

  

基準値を超えた食品は流通させず、東電に賠償させる。

こうした姿勢は、消費者と農家の両者にとって不可欠なことなのだ。

  

チェルノブイリ事故の被害記録を見れば、日本の「放射能規制値」も「20ミリシーベルト以下は安全」という「安全基準」も、全く意味をなさい事がわかるはず。

 

IAEAは「事故後に出た健康被害は甲状腺がんだけ」と今も言い続けている。

しかし実際には、あらゆる健康被害が報告されている。

  

ICRPは「100ミリシーベルト以下の組織的変化(確定的影響)は認められない」としている。

だが、その100分の1から1000分の1程度の被曝量でも多大な組織的影響の健康被害が出ているのが現実だ。

 

ICRPの一般論からのリスク評価は現実に出ている健康被害の100分の1ほどにしかならないのだ。

ICRP等が事実を説明できないことは明らかだ。

 

被害事実を認めないやり方を鵜呑みにする日本政府が、こうした事態を引き起こしているのだ。

市民の基本的人権を踏みにじる行為だといっていいだろう。

 

このように現実のリスクを表すことのできないICRPに依拠した基準は即刻撤回するべきなのだ。

   

以下は今まで筆者が書き続けてきた記録だ。

 

古い記事は動画が削除されていたりするため、不完全な記録となっていることをご了承いただきたい。

だが、これらの記事にザッと目を通せば、おおよその事が、本当はどうなのかが想像できるはず。

    

参考になれば幸いだ。

    

  

過去の記事 

 

都道府県別環境放射能水準調査結果

今年で7年目 2018年1月

 

やっぱりねえ・・

タカダイオンは放射能にも有効 2017年11月

体調不良の人が増えている?! 2017年10月

東京の放射能汚染 2017年9月

高い危険性が放置されたままの原発 2017年6月

加速するダメージ

東京の水は安全なのか? 2017年5月

イザの備え

誰も言わない 2017年3月

 

福島はどうするのか?

食物汚染の影響

高齢者の自動車事故

東京の水道水

洗車汚泥に放射性物質 2016年11月

 

放射能は孫以降の世代にも影響 2016年10月

 

自衛するべし

大統領補佐官のメール

国民を見捨てる日本 2016年9月

 

東京湾の放射能汚染が拡散

東日本に住むということ 2016年8月

 

フクシマのうそ

死者が年々増えている

倒れる人が激増する東京 2016年7月

 

神戸市の水道水からヨウ素131が!

移住シミュレーション

これからのこと

拡大する食べて応援 2016年6月

 

福島原発の放射性物質飛散予報 

老朽原発審査でズルする規制庁

給食タケノコから基準超す放射性物質

沈黙する日本のメディア

政府機関続々と東京を離脱

除染汚染土を公共事業で利用 2016年5月

  

突然死の原因 2016年4月

食品用放射線測定器 2016年3月

居住地と食べ物の影響は大きい 2016年2月

 

内部被曝より外部被曝が問題

報道管制

311を振り返ってみた

昏睡・卒倒が増えている 2016年1月

 

東京都で猛毒の濃霧が頻発 2015年12月

 

高濃度放射能を含む黒い粉末を東京で発見

ラーメンで下痢

放射能内部被曝に注意!

フクシマ・地球規模の汚染へ 2015年11月

  

蔓延する「ぶらぶら病」

放射性コンクリート 2015年10月

 

風評被害払拭という欺瞞

忍び寄る影

メディアの責任は重い

放射能が消える特殊な電解水

関東東北の大洪水は何が原因なのか? 2015年9月

 

β線を計測できる測定機

3号機の爆発は核爆発

深刻化する健康被害

放射能汚染事情・最新版

太平洋の魚は全滅

N95マスク 2015年8月

 

放射性物質の飛散問題

福島原発事故の現状と様々な影響

大人のお漏らしやおねしょが激増

震源地は福島第一?!

放射能を中和させる方法

太平洋放射能汚染の現状

ラーメンに注意 2015年7月

 

気をつけたい症状

グーグル・トレンド

福島で本当は一体何が起きているのか?

中性子線まみれ

多死社会

農林水産省は、いまだに「食べて応援しよう!」 2015年6月

  

水道水中のセシウム値

急病人の増加 2015年5月

 

放射能測定機を変更

最近は線量計を持ち歩いている

関東の放射線量激増は再臨界か? 2015年4月

 

遠のいてゆく脱原発

すでに責任を問うても仕方ない状態

世田谷区もホットスポットだらけ 2015年3月

 

汚染水外洋に垂れ流し

東京の水には注意 2015年2月

 

騒げない心理

2014年の訃報数

東電訴訟本格弁論へ

海水「放射能不検出」実際は汚染

福島原発・海洋汚染収束せず 2014年12月

 

都道府県水道水蛇口セシウムランキング

気がつけば安全神話が復活

加速する異変 2014年11月

 

東京湾河口・残る汚染 2014年10月

   

原発事故の現状

環境に流出し続ける放射能

国連チーム報告書原発「制御できず」 2014年9月

  

汚染水を隠したのは東京五輪のため!?

今が東京湾の放射能汚染のピーク

東日本で放射線量が増加

400億円の凍土壁 2014年7月

第1原発沿岸海底土セシウム最大2千ベクレル

知らぬがホトケ 2014年6月

 

どうしようもない政治家達

福島県双葉町で鼻血が多いという統計資料が存在

今更何を・・ 2014年5月

 

NHKの嘘報道

東京のセシウム降下量 2014年4月

 

今日は何の日?

メディアが伝えていない福島第一原発事故3年

日本の国土の約15%が徹底的な放射能監視地域 2014年3月

 

2億ベクレルの汚染水漏れ・福島第1タンク

欧州連合基金による汚染マップ 2014年2月

 

情報操作が進む日本のメディア

放出続く高濃度放射能

何が起こるのか?

福島第一原発地下で連続爆発発生?

忍び寄る放射能の影響 2014年1月

 

人間の近づけない毎時25シーベルト

油断も隙もない 2013年11月

 

汚染水処理の現場はヤクザとど素人だけになった

大避難計画作戦文書 2013年10月

  

原発汚染水問題

汚染水漏れの影 2013年9月

  

放射能汚染問題を解決する方法

同調バイアスが根深くする放射能汚染問題 2013年6月

 

ウナギから基準超セシウム

最近の放射能関連まとめ 2013年5月

 

影を落とす放射能の影響

東北大震災は自然災害ではない 2013年4月

あれから2年問題はないのだろうか? 2013年3月

 

火葬場大混雑で葬式10日待ち 2012年12月

 

拡大する放射能被害

漏れ続ける放射能の影響 2012年11月

進行する低線量被曝 2012年9月

放射能を甘く見るな

東京の放射能 2012年8月

危機管理 2012年7月

 

TV局すべてダンマリ

原発なしでも電力は余る! 2012年4月

 

震災がれき問題

政府は日本全国で放射能入瓦礫を燃やす作戦

福島は大丈夫なのか? 2012年3月

 

現実は思考から生まれる

明治粉ミルクからセシウム検出・40万缶無償交換 2011年12月

 

東京都は瓦礫焼却を23区内にある全ての清掃工場で行う予定

ゴッコ国民の限界 2011年11月

 

あきれる日本のメディア報道

放射能廃棄物を燃やす東京都 2011年10月

  

放射線遮蔽BOX

放射線測定器 2011年9月

  

関東地方は要注意

拡散する放射能問題

ドイツ気象庁の飛散シミュレーションが停止

福島第一原発で最高値の放射線量を計測 2011年8月

  

新聞のトンデモ記事に注意

センサーは大丈夫か?

放射能が房総半島など関東全域へ 2011年7月

 

放射性物質が含まれた水道水をろ過する装置

誰もが持つ悩み

脳天気化の心理

日本の悪夢・核の危機

福島2号機きょう建屋二重扉を開放

今後拡大する汚染対策

測定値の信頼性

福島第一原発4号機、ついに?

福島第一原発2号機二重扉の開放について

大きな勘違い

高速炉もんじゅ

原発事故3ヶ月目の現状

水面下で遂行される洗脳作戦

暗い1号機

1号機はついに人が近づけなくなった!

拡散する放射能の現状と対策 2011年6月

 

食品放射能汚染測定器を購入

濃厚になってきた負け戦

トレーダーからの報告>実測放射能値は政府発表とは桁違い!

福島原発事故の現状

これから気をつけなければならない点

被曝のリスクに「しきい値」はない

ふくいちライブカメラWATCH

明日8日(日曜日)に高濃度の放射能放出が実施される予定 2011年5月

  

動画特集

狂い始めた日本

備えあれば憂いなし

小出裕章 (京大助教) による現状の質疑応答

青い光は何?

東京も場所によっては注意が必要

数値は信用できない

鼻血

自由報道協会による「原発事故」取材の報告

原発事故の今、そして今後どうなるのか?

政府、ついに「レベル7」を認める

子供は安全なのか?

週末なのに心配事

屁理屈

何を見てどう考えればいいのか?

風による放射性物質の拡散分布図 2011年4月

  

原発敷地土壌からプルトニウム検出

制御不能

具体情報が公開されない不思議

安全と楽観主義

邪推

TV広報で流され続ける「嘘」

福島原発の危険性

半減期

反御用学者はいないのか?

ナンセンス

原発事故と認識

放射能の単位と人体への影響

放射能の影響は? 2011年3月

  

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年3月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年3月

月別アーカイブ